【初めてのSeeq+】リマインダー機能を使って通知センターからアプリを起動させよう

seeqplus-remind-n
seeqplus-remind-n

私と言えばSeeq+ですよ(3回目)。

本当にSeeq+なくして私のiPhoneライフは考えられません。それくらい愛してやまないアプリ。

Seeq+については複数回にわけて使い方のご紹介をしていきたいと考えています!

Seeq+ - 新世代検索ランチャー Seeq+ – 新世代検索ランチャー
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, 辞書/辞典/その他
App Storeで詳細を見る
アプリの詳細を見る


Seeq+を使えば良く使うアプリを通知センターから起動できる

Seeq+に実装された素敵な機能リマインダー。
このリマインダー、とっても出来る子なんです。

このリマインダー機能ができることは大きくわけて2つ。

  • 指定の時間に指定のアプリ(アイテム)を起動させる
  • 指定のアプリ(アイテム)を通知センターに常駐させる
  • リマインダーと聞くと前者を思い浮かべがちですが、Seeq+のリマインダーは通知センターにアイテムを常駐させることもできます。

    リマインダーの基本的な設定方法および前者の説明はこちらの記事をご参考ください。

    本記事では、後者の「指定のアプリ(アイテム)を通知センターに常駐させる」方法についてご説明します。

    指定のアプリを通知センターに常駐させる

    通知センターからアプリを起動させることができると何が便利か。

    それは、他のアプリを使っているときでも簡単にそのアプリを起動できるということ。

    ホームボタンを押してホーム画面に戻る必要なく、すぐにアプリを起動できます。

    私が愛用しているRSSリーダー、Sylfeedは通知センターから起動できるとかなり便利です。

    Sylfeed Sylfeed
    価格: ¥200
    カテゴリ: ニュース, ソーシャルネットワーキング
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    では、Sylfeedを通知センターから起動できるように設定しましょう。

    Seeq+リマインダー設定画面へ

    △設定画面からリマインダー登録画面に移動します。

    Seeq+リマインダー新規

    △新規追加を選び、登録画面へ。

    Seeq+sylfeed登録

    △URLの欄にURLスキームを入力します。

    Sylfeed起動のURLスキームは、
    sylfeed://
    です。

    Seeq+時間設定

    △スケジュールを一回のみ、時間は数分後に設定します。そして「通知後に自動で削除」をオフにしておきましょう
    設定が終わったら完了します。

    Seeq+リマインダー更新

    △右上の更新ボタンをタップして準備完了です。

    Seeq+リマインダー通知

    △先ほど指定した時間になると通知がきます。
    これで準備完了!

    Seeq+通知センターから起動

    △通知を一回のみ、自動削除をオフにしましたので、一度通知がきた後はずっと通知センターに残り続けます。

    おまけ:Sylfeedを登録しておくと便利な理由

    ちょっとおまけ。
    Sylfeedを登録しておくと便利な理由。

    気になるURLをコピー

    △Twitterやネットサーフィンをしていて気になる記事があったとき、そのURLをコピーします。
    ハンサムなあの人の記事が気になりました!

    通知センターからSylfeed

    △通知センターを引っ張り下げて、Sylfeed起動。

    SylfeedでURL表示

    △先ほどコピーしたURLがSylfeed下部に表示されますので、これをタップすれば

    Sylfeedで開く

    △Sylfeed内でそのURLページが開きます。

    ここからシェアしたり、Evernoteに送ったり、Sylfeedの豊富なアクションを使えるわけです。

    通知センターに登録しておくと便利なアイテム

    ご紹介させていただいたSylfeedのように、通知センターに登録しておくと便利なアイテムをいくつかご紹介します。

    Seeq+自身

    Seeq+自身を通知センターに登録しておくと便利です。

    Seeq+をリマインダーに追加

    URL欄にこのようにURLをセットしましょう。

    seeqplus:///set?text=clipboard

    このURLスキームは、クリップボード内容をセットしてSeeq+を起動することができます。

    気になるテキストをコピー

    △Sylfeedでエロイズ…違った! うごいずむさん(@ugoism43)の記事を読んでいたら気になるペンの名前が!

    気になるテキストをコピーします。

    通知センターからSeeq+

    △通知センターから先ほどのURLスキームで登録したSeeq+を起動。

    セットされてSeeq+起動

    △すると、入力ボックス内にコピーしたテキストがセットされた状態でSeeq+が起動します。
    Amazonで検索してみようかな。

    商品検索結果

    △「商品」検索、Amazonでそのペンを調べられました!

    いやん、便利!

    Sysightのメモリ解放

    SySight SySight
    価格: ¥100
    カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    定番ですがメモリ解放を通知センターから起動できると便利ですね。
    私はSysightというアプリを使っています。

    Sysightのメモリ解放URLスキームは
    sysight://free
    です。

    Sysightメモリ解放

    △動作が重いなと感じたら通知センターからSysightをタップするだけでメモリ解放。
    手軽で便利です。

    トリまとめ

  • Seeq+のリマインダー機能を使ってアプリを通知センターに常駐
  • Seeq+自身を通知センターから呼び出せるようにしておくと便利
  • Sylfeedも登録しておくと便利
  • 指定の時間に通知させるだけでなく、通知センターに常駐させることもできるリマインダー機能。

    これは使わない手はありませんよ!

    自分が普段使っているアプリのなかで通知センターから起動できたら便利そうなものを考え、登録してみてください。

    それでは。
    こっこ(@cocco00)でした。

    Seeq+ - 新世代検索ランチャー Seeq+ – 新世代検索ランチャー
    価格: 無料
    カテゴリ: 仕事効率化, 辞書/辞典/その他
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    Seeq+の使い方をまとめました

    △Seeq+の使い方についてまとめました!
    タップでページに飛びますので、チェックしてみてください♪

    seeqplus-remind-n
    ジブン手帳2018予約開始!

    JT2018

    話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

    1 個のコメント

  • コメントを残す