スマステーションで紹介された「最新アイデア文房具~2017春」まとめ(2017年4月15日放送)

wpid-20170416120627.jpg

2017年4月15日に放送されたスマステーション(SmaSTATION!!)で紹介された最新アイデア文具をまとめました!

今話題のアノ文房具や、私も知らなかったあんな文房具まで。今回も様々な文房具がピックアップされていました。

ゲストは剛力彩芽さん&高嶋政伸さん。おふたりとも「文具は使う」ということを言っていましたが…。たぶん私が思う『使う』のレベルとは違うだろうな…w

全16商品!コメント付きでご紹介していきます。

スマステで紹介された最新アイデア文房具まとめ

放送された順番でご紹介していきます。

Copi-pe memo(山本紙業)

わー!山本紙業さんの『コピペメモ』ですよー!!山本さーん!

トレーシングペーパー的に書いたメモが下の用紙に複写されるというもの。書いたメモを複数人で共有したりするときに力を発揮します。

最新文具ですが、逆に原点回帰感ありますね!

ドットライナーホールド(コクヨ)

これ、マジで良いです。ドットライナーホールド。コクヨさんのテープのり『ドットライナー』の、封入作業に特化した商品です。


△こんな感じで、挟んで引くだけで封筒などの端に糊付けすることができます。

私、職場で普通のドットライナーつかって封入作業していましたが、これを導入して格段に作業効率が上がりました!まっすぐ引けるというのもポイントです。

コロコロケシコロwithレターオープナー(MAX)

レターオープナーと個人情報を消すコロコロスタンプが共存したアイテム。

シュレッダーがある家ならいいですけど、意外と個人宅で住所とかを消す方法ってないんですよね。一家にひとつあると重宝しそうです。

テープノフセン(ヤマト)

名前のとおり、テープの形をした付箋紙。長さを自由にカットして使えるのがポイントですね。マスキングテープに近いイメージですが、紙は上質紙なので、文字を書きやすいという強みがあります。


△携帯性が高いので仕事にも使えますし、自宅でもいろいろと活躍シーンがありそうです。

裏面は全面糊付けされているので、ぴらぴらせずにピッタリと貼ることができます。

SUTTO(カンミ堂)

文房具屋さん大賞でも取り上げられた、と紹介されていましたね!私も本書でコメントさせていただきました。

デスクなどに立った状態で置いておけるフィルム付箋ですが、SUTTOが素晴らしいなと思うのは、同社の人気商品『ペントネ』とリフィルが同じものだということ。リフィルを共有できるのは嬉しい。

あと、これ、切るとき気持ち良いですw

ミニブック付箋(Logic)

折りたたんで使える付箋。


△パタパタと折りたたむと名前の通り本のようになるので、中に書いた情報を隠しつつ手帳に貼ったり、あるいは省スペースで多くの情報量を詰め込むことができるというもの。

これはなかなか面白いアイデアですね!

付箋ノート用ルーズリーフ(カクケイ)

名前のとおりですねw付箋を使ったノート術に特化したルーズリーフセットになっています。

『付箋ノート』は学生に流行っているノート術で、ノートに直接書くのではなく、付箋に書いてそれをノートに貼るというもの。あとから位置の変更が用意なので、情報整理に強いのが特徴です。

付箋の高さとノートの罫線の高さが合致しているなど、付箋を使うのに便利なノートと付箋のセットです。

ライフスタイルツール(ナカバヤシ)

これは絶対出てくるだろうなと思っていました!ナカバヤシさんのライフスタイルツール。大人気ですね!私がお手伝いさせていただいた『文房具屋さん大賞2017』でもコスパ賞の大賞を受賞しています。


△使わないときは畳んで、スタイリッシュな箱に。開くと中はたっぷり収納。畳むと見た目がスッキリしているので、オフィスはもちろん、自宅の小物類の収納にすごく良いです。

今を代表する文房具のひとつです。結構いいお値段するんですけど、それでも「コスパ賞」というのは、それだけ満足度が高い文房具という証拠だと思います。

パスティ(プラス)

プラスさんから発売されたパステルカラーのクリアファイルです。


△最大の特徴は、扇型になっている外ポケットですね。クリアファイルは出し入れがちょっと手間ですが、すぐに使いたい書類などはこの外ポケットに仕舞うことによって、サッと出し入れができるようになっています。

また、サイズの異なる用紙を外側ポケットに入れることも可能。

女性向け商品ですが、これ、普通に男性ニーズもありそうですよね?

アクティフ5インデックスホルダー<タテ>

インデックスが5つ付いたクリアホルダーなのですが、開き方が面白い。A4サイズで斜めに開くのではなく、上側部分がペロリとめくれます。

普通の横長バッグだと相性悪そうですが、トートっぽい形のバッグや、リュックなどにはよさそうですね。

冷蔵庫ピタッとファイル(キングジム)

名前の通り冷蔵庫に貼り付けられるファイル。サイズ違いのいろいろなチラシを収納しておけるファイルです。

面白いですねー。この観点はなかった…さすがキングジムさん。表面はホワイトボードのようになっていてメモを取ることもできるようになっているようです。

ハンブンコ(プラス)

セットした紙をまっすぐ半分に切ることができる裁断機。スライド式のカッターをつかって裁断するもので、一度に20枚までカットできるそうです。

刃が露出していないので安全に使えるのも嬉しいポイント。刃の種類も3種類あって、単にカットだけじゃなく、折り目をつけたり、ミシン目を付けられるものもあります。

モレスキン スマートライティングセット

これが取り上げられるとは…。

人気の高級ノート『モレスキン』から発売されている、スマートライティングセット。なんと書いた文字やイラストなどがそのままデータ化され、スマホなどに転送できるというもの。

文字を読み取って、テキスト化してくれるという機能もあります。

お値段はそれなりに高いです。が、これすごいですよ。私、ロフトでサンプルを触らせていただきましたが、精度がすごい。本当に書いたものがそのままデータになります。

貼暦(icco nico)

貼暦も来ましたねー!これも今人気の文具です。

日付と曜日が印字されたマスキングテープで、ノートなどに貼ることでオリジナルのスケジュール表が作成できます。

icco nicoさんのマステはかわいいの多い

1枚ずつめくれるマスキングテープbande

これも大人気で品薄にすらなっているマステです。

1枚1枚剥がせるマステで、花柄やクローバーなどかわいいデザインです。桜柄はほとんど見かけませんね…。リンク貼ってますが値段に注意してください。

これ、結構1枚ずつ剥がすのが難しいですw近々レビュー予定です!

塗り絵ができるマスキングテープ(マークス)

これ、個人的に面白いなと思っているアイテム。『大人の塗り絵』の流行に着目し、塗り絵ができるようなマステの柄を作っちゃったマークスさん。


△着色すれば自分だけのオリジナルマステになります。手帳やノートと相性が良さそう。

通常のマステだと色鉛筆が乗りにくいのですが、塗りやすさも追求してあり、色鉛筆でもちゃんと塗ることができるようになっています。色鉛筆のセット商品もあります。

トリまとめ

今回は16アイテム!前はスマホアプリなんかもありましたが、今回は純粋に(?)文具紹介でしたねw

気になるものはありましたか?

ぜひチェックしてみてください♪

こっこ(@cocco00)でした!

wpid-20170416120627.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す