[PR]スマホを手軽に変身させる魔法『SECOND SKIN』のiPhoneケースを試してみた!

slooProImg_20130814074643.jpg

どうも!
スマホケース売場に行くといくらでも時間を潰せます、こっこ(@cocco00)です。

SECOND SKINのiPhoneケースを試してみた!

大変嬉しいことに株式会社 4REALさんからご連絡をいただき、このたび『SECOND SKIN』というスマートフォンケースの商品レビューをさせていただくことになりました!

わぁい!
ありがとうございます!
ブログやっててよかったなぁとこういうとき本当に感じます。

▽SECOND SKIN公式サイトはこちら

『SECOND SKIN』は、スマートフォンを変身させる魔法のキーワードです!
真っ黒なボディ(ひょっとしたら白かもしれないけど)に、『SECOND SKIN』のケースを装着するだけで、iPhoneも、アンドロイド系も、 最新機種だって、少しくたびれてきたマシンでも大変身させてしまいます。
『SECOND SKIN』は、北米のスラングで、スーパーマン、バットマン、アメリカンコミックスのヒーローを意味します。直訳すると「第二の皮膚」なのですが、薄いスーツに着替えて変身するところから、ヒーローたちの総称となりました。また、一部の地域では、(これもスラングですが)「今すぐ欲しい素敵なモノ」のことを『SECOND SKIN』と呼ぶようです。

現在、取り扱い機種が140機種(docomo・au・softbank・EMOBILE・WILLCOM)、デザイン数は700です。

「第二の皮膚」をスマートフォンに着せることで、スマホを手軽に変身させちゃおう!ということですね。

スマホはケース替えるとガラッと雰囲気変わるのでいいですよね♪
飽きがこないというか。

SECOND SKINさんのケースには大きく、

  • 平面プリント/ソフトTPU
  • 平面プリント/ハード
  • 全面プリント/ハード
  • の3つがあります。

    今回、平面プリント/ソフトTPUと、全面プリント/ハードの2つをご提供くださいました!

    私が「ソフトとハードどっちも気になります」と言ったばかりに…。
    すいません。
    ありがとうございます!

    今回はまずソフトTPUのケースをレビューしていきたいと思います。

    開封の儀

    いざ、開封の儀!

    ご提供いただいたのはこちらです。

    中身はこんな感じ。
    ケース本体の他に、液晶保護シート、クリーナー、ブランドロゴのシールがついています。

    こういうシール、結構嬉しいw
    モレスキンに貼ろっと♪

    「平面プリント」という名前ですが、サイドはプリントされておらず背面のみプリントなので「平面プリント」という名前のようです。

    「全面プリント」はサイド部分もプリントされてます。

    ソフトTPUという名前のとおりグニャリと柔らかな素材ですね。

    伸縮性を利用して装着するようなイメージ。

    装着してみた

    装着した写真がこちら。
    伸縮性によりiPhone本体にキュッとフィットします。

    ▲スリープボタン部分。
    こちらはケースがボタンの形に合わせて作られており、ケースを被せて使用します。

    しっかりと本体の形状にフィットしていますので、スリープボタンを押すのにまったく支障はありません。

    ▲ボリュームボタンとマナーモードスイッチ部分。
    ボリュームボタンはケースが覆い、マナーモードスイッチはむき出しになります。

    ボリュームボタンはカチッと押せます。
    マナーモードスイッチは、多くのケースがそうですが、ケースの厚みによって多少操作しづらいですね。
    でも十分許容の範囲。

    ▲カメラ部分。
    たいていのケースがそうであるように、カメラ部分は切り抜かれています。
    カメラの使用に問題はまったくありません。

    ▲充電、スピーカー部分。
    切り抜かれていて干渉はありませんね。

    ホールド感

    ケースを装着して丸一日使用してみました。

    以前ご紹介したとおり私は現在はabicaseを使用しています。

    abicaseは革そのものや縫合の関係で厚みがあり、通常のケースよりもiPhoneに厚みが出ます。

    abicaseに慣れていたため、このケースを使用に替えてiPhoneを握ったときは「細っ!」と思いましたw

    ケースの素材がソフトTPUというポリウレタン。
    シリコン素材のようなゴムゴムしい感じ(←?)はなく、しかし柔らかで柔軟性があります。
    手に馴染む感じがありますね。

    適度にマットな質感なので、私のようにiPhoneをYシャツの胸ポケットに入れていても滑り落ちる心配が少ないのも嬉しいポイント。

    TPUの特性

    TPUという名前を知りませんでしたので少し調べてみました。

    TPU、熱可塑性ポリウレタン。
    プラスチックの一種だそうです。

    軽量で弾力があり、着色もしやすいようで、スマートフォンケースの素材としてよく利用されているようです。

    イメージとしてはシリコンとポリカーボネートの中間のような位置づけ。

    名前が示すとおり熱に弱いようで、ドライヤーに近づけたり真夏の車内などに放置したりすると変形してしまう恐れがありそうです。

    通常使用しているぶんに支障はないはずですが、少し気を付けておきましょう。

    まとめ

    実は私はハードケースを使うことが多く、シリコンやこういった柔らかい素材のケースを使うのは初めてでした!

    感想は、思った以上にいい

    シリコンの、なんというかでろでろ感みたいなものには程遠く、さらりとしていて手に馴染みます。

    私はSPIGEN SGP GLAS.tというガラスの液晶保護シートを使っているのですが、それを付けた状態でも支障はありません。

    SECOND SKINは数多くのデザイナーさんがデザインしたケースを取り揃えています。

    iPhoneケースの購入、買い替えを検討している方は、是非選択肢のひとつとしてチェックしてみてください♪

    それでは!
    こっこ(@cocco00)でした!

    ▽その他、私が気になったのはこの辺り。

    slooProImg_20130814074643.jpg
    ジブン手帳2018予約開始!

    JT2018

    話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

    コメントを残す