『ペン磁ケシ』オフィスや家庭で使う「ペン型消しゴム」の決定版!

wpid-20200421080208.jpg

これ、本当に便利な文具…。

鉛筆やシャープペンで字を書き、書き損じがあったら当然消しゴムで消しますよね。
その消した後の消しゴムのクズ、どうします?

学校だったらパッパッと払って床に落としておしまいですが、自宅やオフィスだと消しクズの処理に困りませんか?

そんな消しクズ処理問題を完全に解決してくれる超便利文具のご紹介。

ペン型消しゴムはこれ一択かも。『ペン磁ケシ』がすごい

ご紹介するのはこちら。

磁力で消しクズを集められる「磁ケシ」にスリムボディで使いやすいペンタイプが登場。

クツワさんが販売する『ペン磁ケシ』です。
クツワさんがもともと販売していた『磁ケシ』という消しゴムがペン型に進化したもの。

どんな製品のか、さっそく見ていきましょう。

ペン磁ケシ 全体像
△こちらが『ペン磁ケシ』。
プラスチックのペン型ボディです。

ペン磁ケシ ノック式
△多くのペン型消しゴムと同様、ノック式になっています。

ペン磁ケシノックする
△カチカチッとノック。

ペン磁ケシ 消しゴム部分
△すると、ペン先部分から消しゴムが出てきます。
まぁこのへんは普通のペン型消しゴムとなんら変わりませんね。

シャープペンで書いた文字
△磁ケシがすごいのはここから。
私はビジネスシーンで、仮の予定などをシャープペンで書き込んでいます。

ペン磁ケシで消す
△仮の予定が確定したら消してボールペンで書き直したり、あるいは予定がなくなったら消したり。

ペン磁ケシのケシクズ
△消したあとの消しクズ。この処理が家やオフィスだと地味に困るんですよね…。
そこで磁ケシなんです!

ペン磁ケシ お尻部分に磁石
△漢字でもう察していると思いますが、磁ケシは磁石が内蔵された消しゴムなんです。

ペン磁ケシはノック部分に磁石が内蔵されており、このノック部分を消しカスに近づけると、磁石が含まれている消しカスが吸い寄せられる仕組みです。

ペン磁ケシのお尻をケシクズに近づける
△実践!こうやって本体のお尻部分を消しカスに近づけます。

ペン磁ケシ 消しカスが付いた
△すると、磁石が反応し、本体に消しカスが吸い寄せられくっつきます。

ペン磁ケシ クリップ部を押し下げる
△くっついた消しカスを処分する際は、ノック部の横(ボールペンでいうとクリップ部分)のところを押します。

ペン磁ケシ 消しカスを落とす
△すると、本体に内蔵された磁石がお尻部分から遠ざかるので、磁力が失われ、くっついていた消しカスが落ちます。

使ってみるとわかりますが、これ本当に便利です。
もう指の腹に消しカスをくっつけてまとめて処分、なんてことをする必要はありません。

ちなみにペン型でない磁ケシも基本的に同じ仕組み。

磁石の力で、消しくずをまとめて捨てられる消しゴムです。 よく消える消しゴムに、鉄粉を混ぜ込みました。 ケースの底にネオジム磁石が入っています。

通常の磁ケシは消しゴムケースのお尻に磁石が仕込まれています。

通常の磁ケシのほうが大きくて消しやすいので、お子様の自宅勉強用等、持ち運びの必要性が低い場合は通常の磁ケシもおすすめです。

トリまとめ

  • 磁石入りの消しゴム
  • 消しクズを磁力で集められる
  • ペン型なのでペンケースで省スペース

普通の消しゴムに比べるとちょっとお高くはありますが、利便性はとても高いアイテムです。

ペン型なので省スペース。
オフィスでの消しカス処理にぜひ。

磁力で消しクズを集められる「磁ケシ」にスリムボディで使いやすいペンタイプが登場。
磁石の力で、消しくずをまとめて捨てられる消しゴムです。 よく消える消しゴムに、鉄粉を混ぜ込みました。 ケースの底にネオジム磁石が入っています。
wpid-20200421080208.jpg
当ブログで激推しのノート!

当ブログでたびたびご紹介している超オススメの『365デイズノート』。一度使ったらやみつき!特に推しはハーフサイズの『1/2イヤーノート』。是非チェックを!

コメントを残す