今年も参加ISOT! 2019の注目文具と日本文具大賞をまとめてご紹介します。

wpid-20190627023507.jpg

今年もやってきたこの季節。
文具の大規模商談会『ISOT』。BtoBの展示会ですが、PRサポーターという枠で一般参加も可能で、今年もPRサポーターとしてご招待をいただき参加して参りました。

開催は2019年6月26日~6月28日の3日間。
私は今年は初日のみの参加。
気になる文具がいろいろ!
そして日本文具大賞グランプリの発表もありました。

私が気になったものをピックアップしてご紹介していきたいと思います。

ISOT2019の気になった文具と日本文具大賞

今回が第30回となった文具の大商談会ISOT。今年もPRサポーター枠で参加して参りました。

ISOT PRサポーター
本記事では前半で私の気になった文具を、後半で日本文具大賞の受賞作品とグランプリ作品をご紹介していきたいと思います。

ISOTで気になった文具

ではさっそく行きましょう!

酒井 TWSBI

ツイスビーたくさん
△まず訪れたのは「酒井」さんのブース。酒井さんはTWSBIの日本取扱店!万年筆がたくさん。
TWSBIは台湾発のペンブランドで、大量のインクを一度に吸入して使うことができます。リーズナブルですし、初心者用の万年筆としても人気です。

ツイスビーバキューム
△気になったのがコレ。ツイスビーバキューム。これ、言葉で説明するより動画を見ていただいたほうがわかりやすいと思うので、Instagramに上げた動画を見てください。


△どうです?おもしろくない!?
専用の吸入用ボトルを使うことで、ピストンを使って一気にインクを吸入できるんです。すごい!

ツイスビーエコ
酒井さん、大変太っ腹で、協賛品としてTWSBIのエントリーモデル、TWSBI ECO(ツイスビーエコ)をプレゼントしてくださいました。嬉しすぎます…。後日、個別レビューしたいと思います♪

「TWSBI ECO」ツイスビーのエコ。人気のカラフルペンTWSBIの原点にしてスタンダード。

ピージーデザイン

続いてピージーデザインさんのブース。
まず目に入ったのはコレ。

3D ポチフレンズ
△いやーん。かわいいって!こっこさん!w『3D POCHI FRIENDS』というがま口のミニポーチ。小銭入れや小物入れとして使えるようです。
これは…私買ってしまうかもしれません…。カラビナついてるし、イベントのときとかぶら下げようかな…。

GMCトイズフィールド 3D POCHI FRIENDS BIRD (3D ポチフレンズ バード) コケコッコ PG-24801 キュートな鶏型の入れ物です。

そしてピージーデザインさんで忘れていけないのは、コレ。

kuramae concrete Pen
△日本文具大賞のデザイン部門で優秀賞を受賞した『Kuramae Concrete Pen』。
名前に入っているとおり、なんとコンクリート製のペンなんです。コンクリートとは思えないような柔らかなデザイン。ペンスタンドが付いていて、デスクに置いたり玄関に置いたりして使いたい。
ちなみにリフィルはジェットストリームだそうです。

果たしてグランプリを受賞できるのか!?

専用ホルダー付きのペン。ずっと触っていたくなるような、独特な手触り。

神原 Recolle

もともと紙のアルバムメーカーさんなのですが、最近始動したのがRecolleというブランド。

recolle
△ペットの遺骨を場所を選ばず、生活の中心となる場所で明るく偲んであげたい。そのような思いから生まれたのがRecolleブランド。
フォトスタンドのようなデザイン。右側のコルク型の容器(真ちゅう製)が骨壺になっています。

recolle 並べた図
△閉じると本のような装丁。インテリアとして生活に一体化します。

カミオジャパン

カミオジャパンさんのブースでまず気になったのはコレ。

ラインスタンプマーカー
△ラインスタンプマーカー。

ラインスタンプマーカー マーカー側
△片側は普通のマーカー。

ラインスタンプマーカー スタンプ側
△もう片側はスタンプになっています。

ラインスタンプマーカー スタンプ例
△スタンプは小ぶりで、手帳との相性がかなりよさそう。手帳を持って行っていなかったので試せていないのですが、裏抜けもしなそうな雰囲気。
スタンプは12種類。今後のバリエーション展開にも期待。

ファンシー文具からラインスタンプマーカーが登場です!人気のマイルドカラーのラインマーカーとプチカワイイスタンプがセットになりました♪

パコトレー新素材
△去年のISOT記事でも紹介させていただいた『パコトレーペンケース』。今まではナイロン生地でちょっとポップな印象のものが多かったのですが、今度大人の男女向けに合皮製のものとコーデュロイ製のものが新発売されるそうです。

グロススティックマーカー
△そして、日本文具大賞デザイン部門優秀賞のグロススティックマーカー。
コスメデザインの文具、最近増えていますよね。マーカーという名前ですが、中はフィルム付せんですね。

本物のリップグロスみたいなデザインの付箋セット【Gloss Stick Marker】のシルバーキャップタイプが新登場☆彡

色見本帖シール
△そして、Twitterで見かけてめちゃくちゃマニア心をくすぐられた色見本帖シール。これ、たまらないよね…。ただ眺めて愛でたい…。

四季がうつろう中で名付けられた美しい色名たち…情緒あふれる色名の数々のトレーシングシール【日本の色見本帖シール】

アオトプラス

ROLL PETA
△アオトプラスさんのブースで気になったのは『ROLL PETA』という付せん。

ROLL PETA 丸めた
△こうやって丸めて使う付せんメモです。

ROLL PETA ツメ
△このようなツメが付いていて、糊のツメで丸めた状態を維持しています。
デスクに置いたら可愛いけど、メモと気付かれなさそうなリスクもw

ふせん付きポチ袋
△ふせん付きポチ袋も惹かれました。私、ポチ袋ってなんか好きなんですよね。毎年こだわりたくなっちゃう。おにぎりのポチ袋のサンプルをいただいたので、来年のお年玉はコレであげようかな♪

扶桑 IRODO

今回のISOTで最も注目していたアイテムのひとつがコレ、『IRODO』です。ちょっとうちのブログタイトルにも似てるしねw

irodo サンプル
△IRODOは布にアイロンなしで貼れるステッカー。手帳カバー、ブックカバー、ペンケースなど、布製のものにオリジナルテイストをプラスできる素敵な商品。

irodo お試し
△布製表紙のノートをいただいて、このシールを試させていただきました!

irodo 金の猫柄
△好きな柄を選んでいいと言っていただいたので、悩んだ末に金色の猫柄をチョイス。

irodo カット
△使い方は超簡単!貼りたい柄をカットします。

irodo 裏シール剥がす
△裏側のシートを剥がします。

irodo 貼りたい場所に置いて
△シールを貼りたい場所にセット。

irodo 擦る
△あとは上からちょっと強めの力でこするだけ。

irodo 貼りついた
△はい、これだけ!簡単!
シールは直後に力を加えたりすると破れたりしちゃう可能性もあるようですが、1日置くだけでしっかり付くようです。また、水に濡れても大丈夫のようなので、Tシャツにワンポイントとかも可愛くてアリかも。

irodo デルデ
△デルデに付けたサンプルが置いてあって、これもすごくかわいかった。

「irodo」は、アイロンを必要とせず、ポーチやバッグといった様々な生地製品にこするだけで貼ることができる転写シール

CRU-CIAL

CRU-CIALさんのブースでまず目に入ったのはハンバーガーとホットドッグ。

ハンバーガー単語帳
△ハンバーガー!

ホットドッグ単語帳
△ホットドッグ!
これ、単語帳なんです。立体感がすごい。

ご朱印帳
△あとこれね!木製表紙の御朱印帳。装飾が細かくて、すごく高まる。お寺や神社で売られているものも味わいがあっていいけど、こちらは気持ちが高まる。素敵。

ケープランニング himekuri

himekuriマステケース
△himekuriブランドの新作、マスキングテープケースの実物を見てきました。扉に窓がついているので、扉を閉じた状態で中に収納したマステを眺めることができるようになっています。

マステケース 中棚
△全体的に紙製なのですが、中の棚にはブリキが使われているそうで強固な作り。

マステケース 棚高さ
△棚は手前側が少し高くなっていて、転がり落ちる心配もありません。

マステケース マグネット扉
△扉にはマグネットが入っていて、ぴったりと閉じるのも魅力。ちなみに、小さいものだったらインク瓶の収納もできるそう。

himekuri乗るマステケース
△himekuriのシールがぴったり上に乗るサイズです!

すごく素敵なんだけど、お値段税抜き3,480円とちょっと高い…。

スガイワールド アニマルハグ

もうひとつ、すごく注目していたのがスガイワールドさんのアニマルハグ。

アニマルハグ
△最高にかわいい…。これ、マステカッターなんだぜ…。

アニマルハグ ハグしてる
△こんな感じで、マステにハグさせて使います。わかりづらいと思いますが、両手足部分に凹があって、それを噛ますことでホールドしています。

アニマルハグ お尻側
△そして、お尻でカット!カワイイの渋滞!欲しい、早く欲しい!7月5日発売だそうです!

ヤマト chigiru暗記用

最近話題のヤマトさん。

chigiru 暗記用
△当ブログでも何度かご紹介しているちぎって使える付箋『chigiru』から新発売された『chigiru暗記用』に注目。

chigiru暗記用貼ってる
△好きなサイズにちぎって、教科書やノートの覚えたいところに貼る。

chigiru暗記用で隠れる
△暗記用の下敷きで文字が隠れる!
これね、最初見たとき「マーカーでいいような気がするな…」と思ってしまったのですが、そうじゃないんですよ。付箋だから、剥がすことができるんです。

もう覚えてしまった箇所は剥がして別の箇所に使いまわすこともできる。勉強が終わったらすべて剥がせば教科書やノートは綺麗なまま残る。これがポイント!

ヤマトさんから事前にサンプルをいただいているので、後日個別レビューします♪

日本文具大賞

続いて日本文具大賞の受賞作品のご紹介。機能部門とデザイン部門があり、それぞれ5製品が優秀賞を受賞しています。その5製品のなかからグランプリが選ばれ、ISOTで発表されました。
もう結果は出ているのでもったいぶらず、グランプリ作品からご紹介していきますね。

機能部門グランプリ プロシオン(プラチナ万年筆)

プロシオン
△グランプリを受賞したのはプラチナ万年筆のプロシオンという万年筆。プラチナ万年筆の新しい万年筆ブランドです。

インクが乾かない『スリップシール機構』はもちろん搭載。
インクの吸入口がペン先の肩口あたりについていて、グリップ部分までインクに浸す必要のない特別な設計。ボディはアルミで高級感を持ちつつ、重すぎない。

機能部門で受賞しているし、これは試してみないとうまく魅力を伝えられませんね…。筆記感とかもお伝えしたいけど、試筆できていないので…。

プラチナ万年筆より万年筆の新ブランド「PROCYON(プロシオン)」が誕生。

ネームランドイーマ KL-SP10(カシオ計算機)

ネームランドi-ma
△これは今あるべき姿ですね。製品はラベルライターなのですが、文字入力やデザイン編集は本体ではなくスマホで行うようになっています。

操作性の高いスマホでデザインし、それをプリントアウトする。
小物の整理用のラベルや、お子様の名前ラベルなど、持っていると活躍の場はすごく多そう。

Amazon価格で5,680円(記事執筆時点)。結構安くないですか?

簡単操作で場所を選ばずラベル作成コンパクトなスマホ専用モデル ネームランドイーマ

パッとメモ(デザインフィル)

パッとメモ
△当ブログでもご紹介しましたし、ISOTに取材メモとして持ち込んでいたメモ帳『パッとメモ』。
左側面が糊付けされていて、使ったページを剥がすことで、最新ページに簡単にアクセスできるメモ帳。すごくシンプルながら画期的アイデアで、本当に使いやすい!もうほかのメモ帳は使えなくなりますよ。

『パッとメモ』最新ページを一発で開けるアイデアメモ帳

2019.06.12
書きたいページがすぐ開く、側面を糊付け加工したリングメモ。中紙はMD用紙ホワイトを使用

マグサンド(マグエバー)

マグサンド
△窓ガラスにも使うことができるシリコンマグネットフック。

ネオジム磁石は強力ながら錆やすい・滑りやすいという弱点があるのですが、その弱点をシリコン樹脂で克服。フック付のシリコンマグネットと受け手のシリコンマグネットが一対になっていて、ガラスや扉等を挟む形で使います。

ひとつで500gの重さまで耐えられるようです。

アクアドロップス ドキュメントファイル(LIHIT LAB.)

ドキュメントファイル
△中に仕切りが10枚入っていて、その仕切りの間に書類を挟むだけで使えるドキュメントファイル。
挟むだけでいいというのはラクですね。私は本業がいまだに結構紙文化で、日々書類が増えていくので、こうやって紙類を簡単に整理できるツールはすごく心惹かれます。1つ1つをクリアホルダーに入れて管理するよりもスリムに書類を保管できます。

インデックス仕切りに書類を挟むだけで分類・整理ができる! 持ち運びに便利な薄型タイプ。

デザイン部門グランプリ システム手帳(マークス)

マークスシステム手帳
△システム手帳は革製カバーが多くて持ち歩くには少し重たいのですが、本商品はPU素材のカバーを採用。女性向けに特化して作られたシステム手帳です。

面白いのは、キヤノンのinspic向けの専用リフィルも発売されていること。
inspicでプリントアウトした写真にぴったり使えるリフィルで、写真撮影→inspicで印刷→手帳で管理という流れをスムーズに実現することができます。

基本リフィルのお試し版が揃った、始めやすいスターターセット。
スマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC」対応リフィル

グロススティックマーカー(カミオジャパン)

グロススティックマーカー
△先ほどもご紹介したコスメデザインのフィルム付せん。こちらも女性向けですね。文具業界にもインスタ映えの流れがきている…!
シルバーキャップのほうがちょっと大人っぽくて、中の付箋のデザインもシンプルで大人が使いやすいものになっています。

本物のリップグロスみたいなデザインの付箋セット【Gloss Stick Marker】のシルバーキャップタイプが新登場☆彡

和紙ノートブック(ダイゴー)

和紙ノート
△名前どおり、和紙のノート。和紙は片面しか使えないのが基本なのですが、本製品は両面筆記が可能な特別な和紙を使用。180度フラットに開くので使いやすさも間違いなし。万年筆との相性も良く、素敵なノート。
これも試したいなぁ。

【あなたの「書く」に寄り添うノート】まったく新しいノート体験「SOSHI」がこだわる5つの「書く」

花色鉛筆(TRINUS)

花色鉛筆
△色鉛筆の形自体が花の形。そして、削ったカスも花びらのかたちになるという美しい色鉛筆。軸は古紙が原料で環境にも配慮されています。
5本1セットで1,800円。ちょっとしたプレゼントとかにもよさそう。

Kuramae Concrete Pen

コンクリートペン
△先ほどもご紹介したコンクリート製のボールペン。ほかにないちょっと独特の質感。コンクリートというと固くて冷たいイメージがありますが、角を落としたデザインはとても柔らかく温かみがあります。
コンクリートのイメージを良い意味で覆すプロダクト。

専用ホルダー付きのペン。ずっと触っていたくなるような、独特な手触り。

トリまとめ

かなりのボリュームの記事になってしまいました。
毎年参加しているISOTですが、参加のたびにいろいろな出会いがあってやはり楽しいですね。

PRサポーターとして来ていた文具好き仲間とも会えたり、たかたくさん、菅さん、猪口さんなど有名な文具な方々ともお会いできて満足!
会えなかった方もいて、その辺は残念だけど…。

ご紹介したもの以外にも素敵な文具がたくさん。
ぜひTwitterのタグやほかの方のブログなどをご覧になって、製品チェックしてみてください!

wpid-20190627023507.jpg
当ブログで激推しのノート!

当ブログでたびたびご紹介している超オススメの『365デイズノート』。一度使ったらやみつき!特に推しはハーフサイズの『1/2イヤーノート』。是非チェックを!

コメントを残す