手触りが気持ち良い!色々なサイズに対応できる『フリーサイズブックカバー』。ノートカバーとしても◎

wpid-20161219083647.jpg

一口に『本』と言っても様々なサイズがあります。

私は文庫本を中心に読みますが、ビジネス書はもっと大きなサイズだし、サイズ違いのブックカバーを揃えるのは面倒。

そこで便利なのがアーティミスさんの『フリーサイズブックカバー』です。名前の通りフリーサイズで使えるブックカバー!思った以上に手触りが良くて、なんだかずっと撫でていたくなります。

本だけでなく、手帳やノートのカバーとしても使えますよ。

アーティミス『フリーサイズブックカバー』

ご紹介するのはこちら。

フリーサイズブックカバー

アーティミスさんから販売されている『フリーサイズブックカバー』です。

様々なサイズで使える
△フリーサイズというのがポイント。文庫サイズからA5サイズまで、幅広いサイズに対応しています。

フリーサイズブックカバーを付けてみる

文庫サイズでカバー作成
△では、実際に文庫サイズでカバーを作っていきたいと思います。ジョジョ!

高さ調整

△こんな感じで内側にガイド線のようなものが入っています。まずは高さの調整。文庫サイズに折り目に合わせてカバーを折ります。

高さを固定する
△高さを決めたら、左右の帯状になっているところを留めます。ここが水洗いできるシールになっていて、何度でも粘着力がよみがえるようになっています。

高さ確定
△これで高さ部分の調整は完了。後は実際に本を中心に置いて折り込むだけです。

カバーを差し込む
△カバーの袋部分に本の表紙を挿し込みます。

完成
△簡単に完成!

思った以上に簡単にできちゃいますね!ガイドラインが書かれているので高さの調整は簡単ですし、横の幅も折り目が複数付けられているので、厚みが違う本でも簡単に調整できます。

材質は紙ではない

材質は紙ではない
△このフリーサイズブックカバーですが、材質が紙ではなくポリエチレンファイバーというもので出来ています。テントの素材としても使われているような丈夫な素材。耐水性があり、軽くて破れません。

手触りは紙に近い感覚。耐水性があるので手汗などにも強く、さらりと気持ちが良いです。丈夫で長持ちするというのは嬉しいですね。

デザインバリエーションは6種

カラバリ

△デザインは6種類。長く使えるものなので好みの柄で使いたいですね。カバーと同じ柄のしおりも付いてきます。

サイズが合えばノートカバー等としても

名前はブックカバーですが、サイズさえ適合すればノートや手帳などにも使えますね!表紙そのままで使うよりもカバーがあると愛着が湧きやすくなります。

…あれ、これもしかして、ジブン手帳のIDEA用のカバーとしても良いのではないだろうか…。


△これは…良いぞ…!!

トリまとめ

このたび、アーティミスさんのご厚意でサンプル提供をしていただいちゃいました。ありがとうございます!愛用させていただきます!

この『フリーサイズブックカバー』、様々なサイズで繰り返し使えるというのが嬉しいですし、思った以上に手触りが良かったのが個人的にツボでした。

私、手汗をかきやすい体質なので、紙のカバーだと使っているうちにだんだん劣化してきちゃうんですよね。アーティミスさんのカバーは耐水性があって、さらりと使えるのが嬉しい。

お値段も1,000円以下で買えてお手頃ですね。ぜひチェックしてみてください♪

それでは。こっこ(@cocco00)でした!

wpid-20161219083647.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す