ノートのなかの時間旅行 〜過去のモレスキンを見返すこと〜 #モレスキン #Moleskine #七人のブログ侍

wpid-20160523081356.jpg

職場の荷物を少し整理していたら、過去に使っていたモレスキンが出てきました。家に持ち帰りパラパラと見ていたら、なんとも言えず楽しくて…。

しばらく使っていなかったモレスキン。その魅力を改めて感じたのです。

モレスキンの魅力の再発見

相変わらずノートジプシーで、いろんなノートに手を出しては、それを使い切る前に違うノートに変えて、というのを繰り返してしまっています。

そんな私ですが、過去にモレスキンのラージサイズをしっかり使い切ったことがあります。

それが事務所のキャビネットから出てきました。/p>

モレスキン ラージサイズ

改めてページを繰ると、懐かしさとワクワクが溢れてきました。モレスキンの魅力を改めて感じたのです。

ぷくぷく太る愛おしさ

モレスキン 厚み

△いろいろと貼ったりしているので、ぷくぷくと太っています。この厚みもなんだか愛おしい。

日記用に『MDノート』や、アピカの『プレミアムCDノート』、美篶堂の『マーブルノート』なんかも使ってきました。それぞれ素敵なノートなんですが、それらはなんとなく厚みを持たせて使う気にならないんですよね。

モレスキン ポケットの中身

△モレスキンの最後のページについているポケットには、ノートに貼られなかった写真の残りやショップカードなんかが入っていました。

なんだか懐かしくて、これもまたワクワクしました。

ボリューム感

モレスキン 2011年

△2011年の日付が書かれていたので、もう5年も前のノートですね。基本的には文字ばかりの日記スタイル。私は文字を書いて頭の中を整理するのが好きなんです。5年前から変わりません。

ページを繰りながら感じたのは、モレスキンは、このページ数の多さも魅力のひとつだなということ。

トラベラーズノートも好きで使っていますが、トラベラーズノートはリフィルのページ数が少ないので、ちょこちょこと買い足して、リフィル交換をする必要があります。

それもそれで楽しいんですけど、あとから見返す時に、膨大なボリュームの情報が1冊のノートに詰まっているというのは魅力的だなと感じました。

感情の流れを感じながらノートを繰る。長々と書いている日もあれば、本当に一言だけの日もある。丁寧に書いている日もあれば、書きなぐっている日もある。

ページを繰りながらこういう変化を見ていくのも楽しいものでした。

柔らかいクリーム色の紙

モレスキン 柔らかな紙質

△万年筆で書くとなるとモレスキンの紙質は、まぁみなさんご存知の通り、全然良くありませんw抜ける抜ける。

インクによっては抜けにくかったり、個体差で抜けにくい当たりがあったりしますが、MDノートやプレミアムCDノートと比べたら…。

けど、なんだかこのクリーム色の柔らかな紙は、ページをめくるのには心地いいんですよね。

MD紙もプレミアムCDノートの紙も、ややコシが強めで固い感じですが、モレスキンの紙は柔らかです。

ノートのなかの時間旅行

柔らかなページを一枚ずつめくり、ページのなかの情報をゆっくりと取り込むのは、まるで時間旅行をしているような感覚でした。

モレスキン 文字情報

△文字情報中心のページにはその時考えていたこと、その時の感情、その時の出来事などがぎっしり。

モレスキン マインドマップページ

△マインドマップを描いたページを見ると、当時と今の思考の変化を発見できるかもしれません。

モレスキン マップ貼るページ

△お出かけしたときの計画マップなんかも貼っていたりしました。

なんていうのかな。少し大袈裟な表現かもしれませんが、モレスキンは『自分展』で、展示された私という歴史を第三者的に見返しているような、そんな感覚さえするのです。

もちろん、これは他のノートや手帳でも実現可能なことなのかもしれません。けれど、モレスキンは数あるノートの中でも1番雄弁に過去を語るノートなんじゃないか。そんな気がしてきます。

トリまとめ

気付いたのは、『見返す』という観点に立った時、モレスキンは他のノートに勝る魅力を備えているんだなということ。

『万年筆』へのこだわりを捨てれば、もしかしたら私の理想のノートなのかも?

最近はトラベラーズノートのパスポートサイズを使うことが多かったのですが、頭の中を書き出すにはちょっと小さすぎて、思考が滞る感じがしていました。

改めて感じたモレスキンの魅力。

高いけれど、やはり愛おしいノートです。

七人のブログ侍

七ブ侍ロゴ

この記事は曜日ごとに違うブロガーが記事をお届けする『七人のブログ侍』の企画記事としてもお届けしています。私は月曜日担当!

明日火曜日の『七人のブログ侍』は、おしゃれ番長ひろむくん(@mwwx)のむーろぐです!お楽しみに!

wpid-20160523081356.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

2 件のコメント

  • 初めまして、こっこさん。

    僕はモレスキン初心者ですが、活用法などの記事を探しているなかで
    この記事にたどり着きました。モレスキンの『見返す』(厚みという魅力が出る)
    という他のノートにない魅力(時間旅行)というポイントは、僕も同じく!と思って
    おります。

    資格学習の資料を貼ったり、インデックスを付けたりとかしています。
    僕はちなみに、網掛けのソフトカバーを使っています。

    • >泰然さん
      コメントありがとうございます!
      モレスキンってなんとも言えない魅力ありますよね♪高いのは高いけれど…それでも使いたくなっちゃうのはすごいと思いますw

  • コメントを残す