【モブログ】ブログに使う画像をFlickrにアップし、記事に貼り付ける運用方法

wpid-20150828074949.jpg

ブログで使う画像をどこにアップするか。
私は自分のサーバーにアップしていますが、Flickrにアップして使っている人も多いようなので、私もFlickrを使う運用も検討してみました。

実はここ数日の記事はFlickrの画像を使っています。これが結構快適で、このままFlickr使う運用も悪くないと思い始めています。

アイキャッチ

まずはFlickrに画像をアップする

なにはともあれ、画像をアップする必要。

実はカメラロールから直接Flickrにアップすることもできるのですが、アップロードサイズなどを考え、Picportを使っています。

Picport
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
価格: ¥360
アプリをダウンロードする

PicportはFlickrだけではなく、Dropbox、Evernote、Facebook、Picasa、Tumblrなど、様々なサイトに写真をアップロードできるアプリです。

Flickrと連携し、Flickrに写真をアップしていきます。

画像を選択

△ブログに掲載したい画像を選択し、下部の『送信』をタップ。

編集をタップ

△送信画面に移動します。ここでイキナリ送信するのではなく、ちょっと設定します。
『編集』をタップしましょう。

タイトルを付ける

△選択した画像の編集画面に移動しますので、ここですべての画像にタイトルを付けます。このタイトルが後で画像タグのaltになります。

タイトルを付けたら送信

△タイトルを付けたら、画像サイズを適宜設定し、最下部の『送信』をタップ。
アップロードが完了したらOKです。

FlickURLでテキストエディタに送る

続いて、アップした画像をエディタに貼り付けます。
使うアプリは『FlickURL』。無料です。

FlickURL
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: 無料
アプリをダウンロードする

FlickURLは、Flickrから画像を検索し、選択した画像の画像タグを自動で生成してくれるアプリです。
と、まあ言葉で言ってもアレなのでw

FlickURLの設定

△FlickURLを起動したら、初回は設定から行っていきます。右上の設定ボタンをタップ。

Flickr IDを入力

△こちらが設定画面。
まずは自分のFlickr IDを記入します。FlickrのストリームのURLなんかを見るとすぐわかるはず。

テキストエディタのURLスキーム

△続いて、URLスキームです。
デフォルトではするぷろに送るURLスキームが薄く書かれていますね。

ここに普段お使いのテキストエディタに送るURLスキームを記入します。

私はTextwellを使っていますので、
textwell:///insert?text=<@@>
と入力しました。これはカーソル位置にテキストを挿入するURLスキーム。

<@@>部分にHTMLが出力されますので、テキストエディタに合わせて設定しましょう。わからなければTwitterで声かけてください♪

カスタムHTMLを編集

△最後にカスタムHTMLを編集します。

デフォルトのカスタムHTML

△こちらがデフォルトで入っているHTML。

このまま出力するとaタグが付いていたり、著作者情報が付いていたりします。私は自分の写真以外は使わないし、aタグも不要なのでちょっと修正。

シンプルなカスタムHTML

△こんな感じで、aタグや著作者情報などの部分をゴッソリ削除。pタグで囲いました。

これで設定は完了。

実際に出力してみる

自分の写真のみにして検索

△『自分の写真のみ』をオンにし、検索します。

使いたい画像を選び右上中央をタップ

△すると、自分のFlickrにアップされた画像の一覧が表示されます。使いたい画像を選択し、右上中央のボタンをタップします。

サイズを選択

△サイズを選択。すると、HTMLの生成が始まり、

TextwellにHTMLが貼りついた

△先ほど設定したURLスキームが起動し、TextwellにHTMLタグが貼り付きました。

Picportで設定したタイトルがそのままaltに入っているのがポイントです。

トミカ集合

赤いトミカ

△実際の表示はこんな感じ。

Flickrが存続する限りは使えるはず

簡単で便利なんですが、Flickrがサービス終了したら終わりです。この方法で貼ってた画像がすべて見えなくなっちゃいます。

これはすべてのWebサービス共通の怖い部分ですね。

トリまとめ

  • 自分のサーバーの容量を圧迫しない
  • PicportでリサイズしてFlickrにアップロード
  • altの設定も簡単
  • HTMLの取得は全自動

設定さえしてしまえば、以降はビックリするくらい簡単に写真を貼り付けることができます。

残念ながらFlickURLにはURLスキームがないんですよね。それがあれば、Picportのアップロード後にすぐURLスキームでFlickURL起動できるんだけど…。
今後に期待します。

FlickURLはクリエイティブコモンズの画像も検索できますので、著作者情報などしっかり載せて、文中のイメージ画像を貼り付けるツールとしても運用ができます。
ワンタッチでカスタムHTMLを切り替えできるような機能も付いたらなおベターですね。これも期待w

Flickrでブログ写真を運用する方法のひとつとして、参考にしてみてください。

それでは。
こっこ(@cocco00)でした。

Picport
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
価格: ¥360
アプリをダウンロードする

FlickURL
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
価格: 無料
アプリをダウンロードする

wpid-20150828074949.jpg
ジブン手帳2017販売中!

ロフトネットストア

話題のジブン手帳2017の販売がスタートしています。お買い漏れのないように!今年からジブン手帳グッズの販売もスタートしましたよ。

コメントを残す