画像付き・タイトル付きでリンクをTwitterシェアできるアプリ『Twitshot』が便利

wpid-20150825094658.jpg

ネットサーフィンで見つけた気になる記事。
Twitterで見かけた気になる記事。
それらをTwitterにシェアするとき、あなたはどうしていますか?

URLだけシェアしても何の記事かわかりづらいので、タイトルやアイキャッチ画像なんかを入れてシェアしたいところ。

ご紹介する『Twitshot』を使うと、超絶簡単に画像付き・タイトル付きで記事をシェアできますよ!

TwitterにURLをシェアするなら『Twitshot』がおすすめ

ご紹介するアプリがこちら。

Twitshot – Tweet with an image
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
アプリをダウンロードする

無料で使えるTwitter投稿アプリです。

これを使えば超カンタンに画像付き、タイトル付きでURLをシェアできます。

Twitshotの使い方

使い方はとても簡単。

エクステンション起動

△ブラウザアプリなどでシェアしたい記事があったら、エクステンションを開きます。

Twitshotをオンに

△初回は「その他」から、Twitshotをオンにします。

Twitshotタップ

△以降はエクステンションにTwitshotが表示されますので、これをタップ。

自動で読み込まれる

△すると、Twitshotが起動。

  • ページタイトル
  • ページURL
  • ページオーナーのTwitterアカウント
  • ページの画像
    を自動で拾って掲載したツイート画面が表示されます。

Twitterアカウントはどこから取ってるのかな?ページのどこからかアカウント読み取ってきてくれますねw
ページについてるシェアボタンとかからTwitterアカウント引っ張ってきてるのかな。
ページによってはこのTwitterアカウントは表示されません。

写真はスワイプで変更できる

△画像は複数ある場合はスワイプで切り替えられますので、任意の画像にセットします。

適宜コメントを入れるなどして、Tweetボタンをタップすればツイート完了です。

Twitter表示

△こんな感じでツイートされました。

単にタイトルとURLだけでなく、画像も入るので、フォロワーさんの目に入りやすいのがポイントですね。

エクステンションから起動できるのがポイント。

例えば、Twitterの公式クライアントアプリでタイムライン追っていて、フォローしている人がシェアしてた記事をそのまま開いて自分もシェア。

例えば、Pocketに保存していた記事を読んで、いいなと思ったらエクステンションから画像付きでシェア。(Pocketから普通にシェアすると画像は付かないのと、via @Pocketって自動で付く)

エクステンション使えるアプリならなんでもいけます。

トリまとめ

人の記事はもちろん、自分のブログ記事をシェアするときにも有効活用したいですね。画像付きのツイートのほうが目に入りやすく、見てもらえる可能性も高くなりそうです。

無料アプリなのでぜひ試してみてくださいね♪
それでは!
こっこ(@cocco00)でした。

Twitshot – Tweet with an image
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料
アプリをダウンロードする

wpid-20150825094658.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す