ジブン手帳2016の総まとめ。進化ポイント、予約方法、限定柄、スタンダードかminiか

wpid-20150822073635.jpg

来年の手帳を何にするか。
悩んでいる方のツイートなんかを良く見かける季節ですが、私は迷うことなくジブン手帳を使う予定です。

発売が待ち遠しいジブン手帳2016。
ちょっとまとめてみました。

アイキャッチ

ジブン手帳2016の進化ポイント

まずは2016年のジブン手帳の進化ポイントについてまとめてみます。
2014→2015は結構大きな変化がありましたが、2015→2016は変更点は3つだけです。

進化1:マンスリーページに前月の日付が入る

マンスリーページ

△こちらが2016のマンスリーページ。

週の途中で前月が終わっている場合、当月のマンスリーページに前月の日付も表示されるようになりました。上の写真で枠を付けた部分ですね。

私はあまりマンスリーページを使えていないので、今までもさほど不便は感じていませんでしたが、より見やすくなりますね。

進化2:『お金の計画』ページの自由項目が増加

お金の計画

お金を管理するページの項目が変更になります。

固定支出については、2015にあった『放送』と『駐車』の項目が削除されています。

流動支出については、『美容』『教養』『交際』『育児』『犬猫』『車両』の項目が削除されています。

加えて、最下部に収入の項目が追加されましたね。
今までは支出を記入するだけだったので、これは嬉しい進化です。ただ、どうせなら最下部にその月の最終収支を書く場所があれば良いのに、と思いますw

進化3:新ページ『プロミスリスト』

プロミスリスト

今回の一番大きな変更点はこの『プロミスリスト』。
約束事を書き込むページです。

ジブン手帳のなかに設けられている『夢リスト』も、『人生でやりたい100のリスト』も、「書いて目にすることで実現する可能性が高まる」と思うんです。この『プロミスリスト』も同じですね。

なかなか叶わない口約束も、こうやってリスト化して記載しておけば、実現可能性がぐっと高まると思います。

予約方法と限定柄

Amazonや楽天などでは予約が可能です。そう簡単に売り切れにはならないとは思いますが、心配な方は予約しておきましょう。

※上がスタンダード、下がminiです。以下同様。

LIFE、DIARY、IDEAがセットになったファーストキットの他、LIFEが付かないカジュアルキット、DIARYと透明カバーだけのセットもあります。

注目なのが、Amazon限定の柄等が発売されていること。

Amazon限定柄のファーストキット

△こちらがAmazon限定柄のファーストキット。
通常のファーストキットに加えて、チェック柄の台紙が入った透明カバーが付いてきます。

通常のファーストキットに付いている透明カバーはマットな仕様ですが、このAmazonの商品に付いてくる限定透明カバーはツヤありです。

マットカバーはさらっとした手触りが魅力ですが、透明度が低いため、中に入れた台紙の色を楽しむためにツヤありの透明度の高いカバーも付けているっぽいですね。

ジブン手帳は3冊をひとつのカバーに入れて使うのが基本ですが、この付属カバーをLIFE専用カバーや、IDEA専用カバーとして使うのも手ですね!

記事執筆時点で
スタンダードサイズが4,104円。
miniサイズが3,780円。

LIFEが付かないカジュアルキット

△毎年買い替える必要のないLIFEを抜いた、カジュアルキット。

こちらはスタンダードサイズがダイヤ柄の布地、miniがドット柄の布地が入っています。 透明カバーはツヤありのものです。

注意したいのが、Amazon限定のファーストキットとは異なり、布地と透明カバーが別途付随しているわけではないという点。
このキットではマットな透明カバーは手に入りません。

スタンダードサイズ4,104円。
miniサイズ3,780円。

…あれ?ファーストキットと値段同じ!?
LIFEの分、割高じゃない? 布地代か。。w

DIARYのみのキット

「LIFEも持ってるからいらないよ」という人は、DIARYのみですね。私はこれかな。

こちらはマット透明カバーがついてきます。バンド定規は付きません。

スタンダードが2,731円
miniが2,452円。

店頭予約もありかも

実物を見てから買うかどうか決めたい、という人は店頭予約しておくといいかもしれません。

LOFTやハンズなど、大型店であれば取り扱いがあるかと思います。実店舗での予約だとキャンセル料なんかもかからないと思いますので、とりあえず予約だけして商品を抑えつつ、店頭に並んだらそれを見てから買うかどうかジャッジするのも手かも。

スタンダードかminiかという問題

2015から登場したminiサイズが、今年はかなりの反響を生みました。

スタンダードサイズは縦210ミリ、横136ミリと、結構大きいんです。
それに比べてminiは縦190ミリ、横120ミリ。

私はスタンダードユーザーなのですが、私が立ち上げたジブン手帳同好会のオフ会で、実際にminiを見せていただく機会がありました。

実際に手に取って比べてみると、miniはそのコンパクトさと軽さにびっくりします。
持ち運びやすく、手に非常に収まりの良いサイズです。

ただし、miniはスタンダードサイズのページがそのまま縮小されているような仕様になっており、方眼がそのままひとまわり小さくなったような感じです。

1文字1文字を結構小さく書かなければいけないため、ジブン手帳miniは字が小さい人でないと結構ストレスになると思います。

「重いと持ち運びが億劫になる」「細かい字を書くのが苦手じゃない」という人はmini。
「重さはあまり気にならない」「字が大きい」という人はスタンダードがいいんじゃないかと思います。

トリまとめ

今年メディア露出が増え、一気に人気が高まったジブン手帳。予約しないと買えない、ということはないとは思いますが、予約しておけば確実は確実ですね。

Amazon限定柄なんかも出ていて、今後さらにこういうラインナップが増えてくることに期待したいところ!
ちなみに私は革カバーを買ったので限定柄には興味はないんですけどねw

ジブンに合った『ジブン手帳』を選んでみてください。
それでは、こっこ(@cocco00)でした!

wpid-20150822073635.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

1 個のコメント

  • コメントを残す