充電を気にせずスマホ操作!小型のモバイルバッテリー(携帯型充電器)cheero『Canvas』

wpid-20150818065458.jpg

旅行やちょっとした外出等でカメラをたくさん使ったり、お店を調べたり、ルートを調べたり。
すると気になってくるのが充電残量。
気がついたら「全然残ってない!ヤバイ!」なんてことも。

そんなとき、バッグにモバイルバッテリーを入れておくだけで、そんなストレスから簡単に開放されちゃいます。

cheeroさんから発売された『Canvas』という小型のモバイルバッテリーが軽くてとても使いやすかったのでご紹介したいと思います。

アイキャッチ

スマホのバッテリー切れのストレスは2500円位で解決できる

ご紹介するのはこちら。

Canvas

△cheeroさんから発売された小型のモバイルバッテリー(携帯型充電器)『Canvas』です。

こんな人におすすめ

  • 外出が多い
  • 外出先での写真はiPhoneで撮る
  • 遠出・旅行を控えている
  • 重たいバッテリーは持ちたくない

充電できるカフェなど、外での充電手段も都内ではだいぶ増えましたが、当然その場に待機していないと充電はできません。

持ち運びができるモバイルバッテリーがひとつあれば、時間を無駄にすることなく、そしてスマートフォンのバッテリー残量を気にすることもなく、スマートフォンを操作できます。

日常使いはもちろん、旅行などのときにあると本当に安心です。

軽くてコンパクト。iPhone6を1回充電できる容量

説明書き

Canvasは幅50×奥行85×高さ16ミリというコンパクトサイズ。重さも約85グラムと、かなり軽いです。

手に収まるサイズ

△手に収まるサイズ。
これで、iPhone6をまるまる1回充電できるくらいの容量があります。

  • iPhone
  • iPad
  • microUSB対応スマートフォン
  • Wi-Fiルーター
    などが充電できます。

使い方

中身

△開封すると中には本体と、充電用のケーブルが入っています。

購入直後はフル充電されていませんので、まずはこのケーブルを使って本体を充電します。

ポートまわり

△本体の側面です。
入力はmicroUSB、出力はUSBですね。同梱されていたケーブルとお手持ちのUSBアダプタを使い、家庭用コンセントから充電できます。

充電中

△充電開始すると、側面のライトが光ります。3つあって、これが電池の残量を表しています。

iPhone充電

△スマートフォンなどを充電するときは、Canvas本体のUSBポートとスマートフォンをケーブルでつなぎ、ボタンを押すだけ。

microUSB対応のスマートフォンは付属のケーブルを使えばOK。iPhoneの場合はお手持ちのライトニングケーブルを使いましょう。

Canvasは2.1A出力となっており、高速充電が可能です。

使用感

使ってみた感想としては、とにかく軽いということ。

容量の大きいモバイルバッテリーは重たくて、持ち運びが億劫になるんです。が、Canvasのこの軽さなら本当に気軽に持ち運びができます。

1回フル充電できれば、よほどの使い方をしない限りは、スマートフォンのバッテリー切れを起こすことはないと思います。

旅行などの際もUSBアダプタを持っていき、夜寝るときに充電しておけばOK。翌朝にはフル充電されています。過充電防止機能もついているので安心ですね。

トリまとめ

せっかくのスマートフォンもバッテリーを切らしてしまったらスマートさを発揮できません。バッテリー残量を気にしながらスマートフォンを使うのってストレスですよね。

モバイルバッテリーさえあれば、そのストレスから解放されます。
カバンに入れておくだけで安心感が違いますよ。

気になった方はぜひ一度チェックしてみてください。
それでは。
こっこ(@cocco00)でした。

(オマケ)短いケーブルがあると便利です

出先で使うことが前提となりますので、短い充電ケーブルがあると便利です。

同じメーカーcheeroさんからこんなケーブルも発売されています。

持ち運びに便利なサイズだし、持ち運び時に端子部分が露出しないのが良いですね。

△記事内の写真で使っていたのはコチラ。

wpid-20150818065458.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す