iPhoneカメラの優秀な『パノラマ』モードをもっと活用しようぜ!

wpid-20150815092554.jpg

お盆休みに入り、毎日のように遊び歩いています。
外出時には一眼レフカメラを持ち歩いていますが、シーンによってはiPhoneのカメラも欠かせません。

そんなiPhoneカメラで、たぶんあんまり使われていないだろうけど実はすごい使える子、『パノラマモード』。使ってますか?

いろんなシーンで、パノラマモードは活躍してくれますよ。

アイキャッチ

iPhoneカメラはロック画面で即起動

本題の前に。これは超基本ですが、iPhoneの純正カメラアプリはロック画面でも起動ができます。

ロック画面から起動

△ロック画面で、右下の写真マークを上に引っ張り上げるだけ。これでカメラアプリが即起動します。

これが本当に便利で、iPhoneカメラアプリはいろいろあるものの、ほとんど純正カメラアプリしか使わなくなりました。

パノラマモードを活用する

パノラマモードってちゃんと使ってますか?
iPhoneのパノラマモードはすごく優秀なんです。

横長のものをパノラマ撮影する

横長写真

△パノラマモードの基本は、横長のものを撮影すること。
その場を動かなくても、iPhoneを回転させるようにしてパノラマ撮影することができます。

近くにあるものの全体像をパノラマ撮影する

近くて収まりきらない写真

△全体を撮りたいけれど、最前列までいくと全体が入りきらない。そんなときもパノラマモードを使いましょう。

画角が広がり、撮りたいものとの距離が近くても全体を撮影することができます

広い会場全体をパノラマ撮影する

会場全体写真

広い会場などの全体像を撮影するのにもパノラマモードは便利です。

その場を動かず、カメラを横回転させるように撮影します。より多くのものが写り込み、会場の雰囲気を伝えることができます。

高いものをパノラマ撮影する

縦長の写真

△これもおすすめな撮影方法。
パノラマモードは横だけでなく、縦にも使いましょう

高さがあって入りきらないものも、パノラマモードでしっかり撮影することができます。

パノラマモードの弱点

パノラマモードの弱点は動きに弱いこと。

会場全体写真

△これは先ほども使った会場全体を撮影した写真。
よく見ると、撮影時に前を横切った男の子が分身しています。

大きく動いてしまうと、このように分身するように撮影されてしまいます。
ま、これも味といえば味ですね。

トリまとめ

意外に活用されていないんじゃないかと思いますが、かなり便利で、しかも撮影方法も簡単なパノラマモード。

狭い室内でも広い室外でも活躍してくれます。

使ったことなかった!なんて人は是非試してみてくださいね!

それでは。
こっこ(@cocco00)でした!

wpid-20150815092554.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す