コピー内容を複数ストックしてウィジェットから再コピーが可能なiPhoneアプリ『Copyfeed』の使い方

slooProImg_20150508073112.jpg
アイキャッチ

PCであれ、iPhoneであれ、必ず誰もが作業する『コピー&ペースト』。
テキストなどをコピーして別のところに貼り付けるという、基本ながら超便利なこの機能。

iPhoneでは基本的に直近でコピーした内容のみ貼り付けが可能ですが、コピー内容を複数ストックできると便利だと思いませんか?

ご紹介する『Copyfeed』なら、それができちゃいます。

Copyfeed:コピー内容をストックできるiPhoneアプリ

ご紹介するアプリはこちら。

Copyfeed – organize everything you copy with a widget
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: 無料
アプリをダウンロードする

iPhoneでのコピペをより強力にするウィジェットアプリです。

アプリを起動して準備!

起動画面

△まずはアプリ起動!
左上の『Setting』をタップします。

設定画面

△『Widget Auto-Imports Clipboard』というところをオンにしましょう。

ちなみに英語部分は
「オンにすると通知センターが自動でクリップボードの内容をCopyfeedに取り込むよ。もしクレジットカードの番号みたいに重要な内容をコピーするなら、オフにしといたほうがいいかもね」的な内容です(意訳)。

実はここの英語にちょっとしたポイントが隠れています。後ほど説明します。

ウィジェット設定

△続いてウィジェットの設定。
ずるっとウィジェットを引き下げ、『編集』から『Your Clipboard』をオンにしましょう。

アプリ名じゃなくて『Your Clipboard』という表示になってるのがちょっとわかりにくいかも。

これで準備は完了です。

あとはコピーすれば最大5つウィジェットにストックされる、が…

では試してみましょう。

文章入力

△1〜6までの文章を書いてみました。

1をコピー

△まず1をコピー。

2をコピー

△そのまま続けて2→6までコピーします。

で、ウィジェットを引き下げてみると

最後のコピーだけ

△コピーしたテキストがここにストックされ…あれ?6しかコピーされてない?

実はここがCopyfeedのわかりづらい点。そして、ちょっと残念な点。

先ほどの英語を思い出してください。
『オンにすると通知センターが自動でクリップボードの内容をCopyfeedに取り込むよ』

そう、実はCopyfeedがクリップボードの内容を取り込むのは通知センター(ウィジェット)を引き下げたタイミングだけなのです。

つまり、1〜6の文章を取り込むためには、1をコピーしてウィジェットを引き下げ、2をコピーしてウィジェットを引き下げ、というように、コピーのたびにウィジェットを引き下げる必要があるのです。
これはちょっと手間ですね…。

ウィジェットタップでコピーされる

タップすると再コピー

△ストックされた内容はタップで再コピーされます。
ウィジェットでは直近5件まで表示されます。

アプリ側では10個ストック

△アプリ本体では10個までかな?ストックされます。

不親切なブログたち

これは蛇足。

このCopyfeed、大手ブログなどでも記事になって紹介されていますが、「ウィジェット引き下げないとコピーがストックされない」と書かれていないところがかなり多いです。

理由はわかりませんが、ここがこのアプリの肝だと思うので、ここを書かない理由はないと思うんですよねー。

トリまとめ

非常に便利なはずのアプリなのですが、ちょっとだけ手間なのが残念ですよねー。

とは言え、他にも同様のアプリはありますが、その中では『Copyfeed』はかなり使いやすいと思います。

無料なので是非試してみてください。

それでは。
こっこ(@cocco00)でした。

ご紹介したアプリ

Copyfeed – organize everything you copy with a widget
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
価格: 無料
アプリをダウンロードする

こちらもチェック!

slooProImg_20150508073112.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す