Pushbullet:PCからiPhone等デバイス間で写真、ファイル、URL、テキスト等を転送(共有)できるアプリ

slooProImg_20150319234959.jpg
アイキャッチ

「PCで見ていたこのサイトをiPhoneで見たい」
「PCに保存してあるこの写真をiPhoneに送りたい」
「iPhoneでコピーしたテキストをPCに送りたい」
などなど。

デバイスをまたいでデータ・URL・テキスト等を共有したいことって結構多いですよね。

MacとiPhoneはファイルやテキストの授受が比較的容易なのですが、WindowsとiPhone等の携帯端末でデータ等の授受をしようと思うと、結構手間だったりします。

写真等データであればDropbox、URLならPocket、テキストならEvernote等、対応策はありますが、もっと手軽に使える「Pushbullet」というアプリが便利でおすすめです。

様々なデバイス間でファイル等を簡単に授受できるPushbullet

Pushbulletは携帯端末(Android、iPhone)、ブラウザ(Chrome、Firefox、Safari、Opera)、OS(Windows、Mac)間で、ファイルやURL等を簡単に授受できるアプリです。

Pushbullet
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料
アプリをダウンロードする

△iPhoneアプリはこちら。

chrome Pushbullet

△こちらはChromeの画面。拡張機能でPushbulletを入れています。

見ているサイトをPCからiPhoneへ

2クリックでURLをプッシュ

△PCで見ているページをiPhoneに送りたいときは、拡張機能のアイコンをクリックし、「プッシュ!」を押すだけでOK!

iPhoneにプッシュがくる

△直後にiPhoneにプッシュ通知がきますので、これを開くと、

Pushbulletが開く

△Pushbulletアプリが開きます。あとは「Open Link」をタップすればブラウザアプリで当該ページが開きます。

ちなみに設定でデフォルトブラウザをSafariかChromeで選ぶことができますよ。

写真データもPCからiPhoneへ簡単送信

ファイルの追加も可能

△拡張機能のボタンをクリックし、下部の「ファイル」をクリックすると、写真等のファイルも送ることができます。

写真も授受できる

△iPhone側ではこんな感じで表示され、「Save Photo」でカメラロールに保存することができます。
それにしても平愛梨かわいい。

iPhoneから送る場合はエクステンションで

iPhoneからデータやURLを送る場合はエクステンションで操作します。

iPhoneからPushする

△ブラウザアプリで送りたいページを表示し、下のアイコンをタップ。

初回はPushbulletをオンに

△「その他」でPushbulletをオンにしましょう。

以降はコントロールセンターから楽々プッシュ

△以降ここに出てきます。これをタップし、送る先を選択して「Post」をタップすればOK。

PCで開いていたChromeで新規タブが開き、当該ページが表示されます。

写真を送る場合はカメラロールからエクステンションを開けばOKです。

iPhoneからテキストを送りたいときはアプリを起動

テキストのプッシュはアプリを起動して

△Pushbulletのアプリを開くとトップ画面は、プッシュの履歴が表示されます。
右上のアイコンをタップ。

Pushbulletノート画面

△ここでテキストを入力できます。

が、実はテキストの授受はもっと便利で簡単な方法があります。それは別記事にてご紹介しますね。

トリまとめ

テキストのやりとりはEvernote。
写真のやりとりはDropbox。
私は今までそうしていました。

ああ。もっと早くPushbulletを知っていれば良かった。
そう思います。

すごく手軽で、簡単にファイルやテキストのやりとりができちゃいます。

使ったことがない人は是非活用してみてくださいね。

それでは。
こっこ(@cocco00)でした!

Pushbullet
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: 無料
アプリをダウンロードする
slooProImg_20150319234959.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す