立つペンケース『ネオクリッツ』がやはりオススメ!中に入れた手帳用文房具とともにご紹介します。

slooProImg_20141020074344.jpg
アイキャッチ

先般、「あなたのペンケースの中身を見せてください!」という読者参加企画を開催し、記事にさせていただきました。

その時、やはり思ったのです。
ペンケースを買い替えたい、と。

いろいろ考えましたが、カフェなどで手帳タイムをするときにも便利な、立つペンケースを買うことにしました。

『ネオクリッツ』筆箱界の革命児はペンスタンドとしても使えるんです

買ったのはこちら!

文房具好きな人ならきっと知ってますね!
コクヨさんのネオクリッツです。

ネオクリッツ

△こちらが私が買ったネオクリッツ。実は2つ目です。1つ目は数年前から事務所で使用中。
仕事で使うペンケースとプライベートを分けています。

硬いとこと柔らかいとこ

△こんな感じで、下側は硬めの芯が入ったようになっており、上側は柔らかくなっています。

ペンスタンドにもなる

△なので、立ちます!

開けて立つとこう

△立たせたまま、こんな感じで開いて使えます。

なかに入れるとこう

△ペンを入れるとこんな感じ。もちろんこのままつかうこともできますし、

ペン入れてめくるとこう

△ぐえへへへへ。剥き出しにしてやったぜ!
…うん。
こんな感じでぺろんと剥き出しにすることもできます。こうしておくと中のものが取り出しやすいですね。

少し開けて取り出すことも

△もちろん、寝かせて使ってもOK。
ファスナーは全開にしなくても、上部を少し開くだけでペンを取り出すことができます。

消しゴムなどをいれるポケット付き

△下部には消しゴムなんかを入れておくスペースもあります。これ、地味に嬉しい。私はフリクションの消しゴムを入れてます。

内側のポケット

△上部のこんなところにもポケットがあって、初めは「なんでこんなところに?」と思ったのですが…。

めくると上部にくる

△なるほど!ぺろっとめくったときに、ここが上辺になるんですね!考えられてるなぁ。

中身は手帳用の文房具たち

私のネオクリッツの中身はこんな感じ!

中の文房具たち

以前ご紹介した、私のペンケースの中身から少し変化してます。

簡単に説明すると、

◇フリクションボール4 ウッド(0.38ミリ)
スケジュールの記入に。

◇スタイルフィット5色軸(0.38ミリ)
消す必要性のないものはこちらで。赤、青などのメインカラー。

◇スタイルフィット3色軸(0.38ミリ)
日記やアイデアの書き出しなどに。スカイブルーなど、柔らかい色。

◇マイルドライナー(グレー)
チェックボックスの消し込み用。

◇大人の鉛筆
ラフスケッチなど字ではなく絵や図を描くときに。

◇クルトガ
不確定の予定の仮入力や、やった仕事のメモに。

◇マルチ8
スケジュールの色分け用。
赤:最重要
青:仕事
緑:プライベート、楽しいこと

トリまとめ

たくさん入るし、一覧性も高くて、使いたいペンをすぐ取り出せる。カフェなんかでゆっくり手帳タイムを満喫するときに、テーブルに立てて起きたいペンケースです。

私はシンプルな色合いを選びましたが、カラーバリエーションも豊富!ドット柄なんかもありますよ!

ペンケース選びの参考にしてみてくださいね!

それでは。
こっこ(@cocco00)でした!

関連記事もチェック!


[総まとめ]読者参加企画:あなたのペンケースの中身を見せてください! | イロトリドリ


フリクションボール4のリフィル(替芯)を0.38に替えて手帳用にしました | イロトリドリ


鉛筆とシャーペンの中間『大人の鉛筆』の書き心地がとても気持ち良い | イロトリドリ

slooProImg_20141020074344.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す