StackOneのURLスキームをLaunch Center Proで利用するとEvernoteへのメモが劇的に捗る #七ブ侍

slooProImg_20141017074103.jpg
アイキャッチ

先日、デジタルメモはEvernote連携の『StackOne』に一任しているよ、という記事を書かせていただきました。


StackOne:「ルール」で自動的にノートを切り替えるEvernote投稿専用アプリ!使い方を説明します! | イロトリドリ

StackOneにはURLスキームが用意されており、それを活用すると、メモがとっても捗ります!

エバーノート投稿アプリ – StackOne
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
価格: ¥300
アプリをダウンロードする
七ブ侍アイコン

なお、本記事は『七人のブログ侍』という、7人のブロガーによる日替り投稿企画としての記事でもあります。
七ブ侍の記事は本記事末尾のリンクよりどうぞ♪

Launch Center ProからURLスキームでStackOneにメモをする

もちろんStackOneだけでメモを取るのも良いのですが、StackOneにはルールひとつひとつにURLスキームが用意されています。これを使わない手はありません。

私はルール毎のURLスキームをLaunch Center Proに登録しています。

Launch Center Pro
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥500
アプリをダウンロードする

この記事でできるようになること

LCP起動

△Launch Center Proを起動。
「メモする」という部分に指を置きます。

メモに応じてアイテムを選択

△すると、「メモする」フォルダ内に登録されたアイテムが表示されます。
指をスライドして、メモ内容に応じたアイテムの上で指を離します。ここでは「出勤管理」を使用してみます。

テキストなどを入力する

△金額を問われますので入力してLaunchをタップすると、

StackOneに引き継がれる

△先ほど入力した金額が入った状態でStackOneが起動。あとはお金の使途をメモして、送信するだけ。

このように、メモするときはまずLaunch Center Proを起動→メモ内容に応じてアイテムを使用し、StackOneに引き継ぎます。

StackOneでルールを切り替えるよりこちらのほうが楽かなと思っています。

設定方法:まずはStackOneを設定しよう

まずはStackOne側の操作。
といっても、StackOne側でやることはほとんどありません。

ここではデフォルトで用意されている「今日」というルールで作業を進めていきますね。

StackOneルール設定画面へ

△まずStackOneでルールの設定画面を開きます。

URLスキームをコピー

△ルールの設定画面に「ルールID」というのがあります。これがこのルールに振られた個別のコードです。
「URLスキームコピー」をタップします。

URLスキームがコピーされる

△これだけでこのルールを起動するURLスキームがコピーされます。

StackOneの作業はこれだけ。

設定方法:LCPにURLスキームを登録しよう

続いてLaunch Center Pro(以下「LCP」)側の設定。

LCPでアイテム追加

△右上の鉛筆マークをタップして編集モードにし、アイテムを置きたい場所のプラスマークをタップ。
GroupかActionを問われます。Groupはフォルダみたいなもの。ここではActionを選択しますね。

URL欄でペースト

△Actionの登録画面です。
Nameは適宜付けていただき、肝心なのはURL!ここに、先ほどStackOneでコピーしたURLスキームをペーストします。

Promptを追加

△ついでなので、text=のあとにPromptを入れてみましょう。
キーボード上、左のアイコンをタップし、「Keyboard Prompt」をタップ。すると、カーソル位置に[prompt]という文字が入ったと思います。

LCP設定完了

△アイコンなどは設定してください!

難しいことは何もないですね♪
URLのところにStackOneでコピーしたURLスキームを貼る!以上です。

完成したActionを起動すると

△これでActionの完成。
登録したActionをタップすると

Promptでテキスト入力

△入力画面が立ちあがります。これがPromptです。
メモしたい内容を書き込んで、Launchをタップすれば、

テキストが引き継がれてStackOne起動

△StackOneが「今日」のルールで起動。入力したテキストがしっかり入っていますので、このまま投稿するだけです。

ルール選択で迷わない

StackOne単体で使う場合は、
アプリ起動→ルール選択→テキスト入力→投稿
という流れになります。
個人的にルール選択の部分が少し手間に感じるのです。

任意のAction

△URLスキームを使うこの方法では、ルール選択をLCP側で完了させてしまうため、StackOne側では特に何もする必要がありません。

こちらのほうが個人的にわかりやすく感じます。

Promptはあえて使わない手も

私はルールによってはあえてPromptを使わず、テキスト入力らStackOne側でやるようにしています。
理由は2つ。

  • Promptを使うと投稿毎設定が上書きされてしまうから
  • StackOneはTextExpanderとスワイプカーソルに対応しているから
  • StackOneはやっぱりそれ自体優秀なアプリなのです。

    LCP以外にもいろんな使い方が考えられる

    URLスキームを使えるのでLCP以外でもいろいろ代替があります。

    4つのURLスキームを上下左右のスワイプで起動できるSwipeMint。

    Swipemint – シンプルな最速ランチャー
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    価格: ¥100
    アプリをダウンロードする

    ブロガーさん周りで最近話題のMyShortcuts+Viewerで通知センターから起動させたり。

    MyShortcuts+Viewer
    カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
    価格: ¥100
    アプリをダウンロードする

    Touch Icon Createrでホーム画面からアクセスすることも考えられますね。

    Touch Icon Creator
    カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
    価格: ¥100
    アプリをダウンロードする

    URLスキームを登録できるアプリならどんなアプリでもOK!

    トリまとめ

    StackOneそのものもとても優秀なアプリですが、URLスキームで他のアプリと組み合わせるとさらに便利に使えちゃいます!

    もうEvernoteへのメモはこの方法以外考えられない…。

    本当に使い勝手が良いので是非試してみてくださいね♪

    それでは!
    こっこ(@cocco00)でした。

    エバーノート投稿アプリ – StackOne
    カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
    価格: ¥300
    アプリをダウンロードする
    Launch Center Pro
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    価格: ¥500
    アプリをダウンロードする

    七人のブログ侍

    七ブ侍アイコン

    明日は土曜日担当、ブログ[LifeReformer]のぱすもさん(@jpasmo)です!
    是非チェックしてみてくださいね♪

    関連記事もいかが?


    StackOne:「ルール」で自動的にノートを切り替えるEvernote投稿専用アプリ!使い方を説明します! | イロトリドリ


    Launch Center Pro:iPhoneがますます便利に使えるようになるランチャーアプリ | イロトリドリ


    Launch Center ProとSmartEverを使いEvernoteをオフライン化し整理する方法 | イロトリドリ

    slooProImg_20141017074103.jpg
    ジブン手帳2018予約開始!

    JT2018

    話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

    1 個のコメント

  • コメントを残す