アメイジング・スパイダーマン2がアメイジングに面白かった!

slooProImg_20140510075053.jpg
アイキャッチ

ヒーロー系のアクション映画、結構好きです。学生時代にDVD売ってるお店でバイトしていて、DVDが20%オフで買えたりしたので、当時はよくDVD買ってました。

さて。
楽しみにしていたアメイジング・スパイダーマン2が4月下旬より上映開始となり、先日観てきました!期待を裏切らない面白さ!
もう一度観たいレベルでしたよ。

葛藤と闘うヒーローの姿に涙。アメイジング・スパイダーマン2

通常の「スパイダーマン」シリーズは3で終了し、俳優や一部の設定が見直されて、2012年に「アメイジング・スパイダーマン」が上映されました。

「アメイジング・スパイダーマン2」はその続編。ですが、前作を観ていなくても十分に楽しめる作品です!

143分の長編ですが、長さを一切感じることなく観終えました。いや、むしろ終わるのが惜しいくらいだった。

ネタバレするつもりは皆無なので、なぜこんなにもアメイジング・スパイダーマンが面白いのか、自分なりにまとめてみました。

迫力の3D

初めての3D映画「アバター」を観たときの衝撃はすごかったですが、3D技術は更に進歩をしているんではないかと思います。

アクション映画と3Dは相性抜群。

スパイダーマンが糸を操り空を翔けるシーンや、戦闘シーンは2Dでは表現しきれない迫力があります。
今回は電気を操る敵で、電撃のCGと3Dが本当に美しかった。

「3Dは酔う!」という人も多いようですが、「アメイジング・スパイダーマン2」は是非3Dで観ていただきたいです。

3D酔い対策として、左右ではなくなるべく中央寄り、それもなるべく後方の席で観るのがいいらしいですよ!

葛藤と闘う「人間」としてのヒーロー

これがポイント。
私はスパイダーマン以外にもバットマンも大好きなのですが、両作品に共通して言えるのは、ヒーローが葛藤を抱えているということ。

ヒーローとはいえ、両作とも中身は普通の人間なんです。

スパイダーマンは、自らが犯罪者などとの戦いのなかに身を置くことで、恋人のグウェンを危険に晒してしまうことに悩み苦しみます。

前作でグウェンの父から「これ以上グウェンに近寄らないでくれ」と遺されたスパイダーマンは、愛するグウェンとこの言葉の狭間で苦悶する。

もうね。
めっちゃ切ないんだよ

愛し合ってるのに…一緒にいたいのに…!!

そう。
スパイダーマンは恋愛映画でもあるんです。

エマストーンが可愛すぎる

最大のポイント。
グウェン役のエマストーンがマジでかわいい。

私、外国人って「綺麗だな」と思うことはあっても、なかなか「かわいい」と思うことはないんです。

そんな私が本気でかわいいと思うエマ・ストーン。

通常の「スパイダーマン」シリーズはヒーローとヒロインが不細工(私見です)という致命的弱点を持っていたのですが、「アメイジング・スパイダーマン」はその弱点を完全に克服しています。

いや、もう、可愛すぎる。

主人公、ピーター・パーカー役のアンドリュー・ガーフィールドもイケメンなのですが、実はこのアンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーン、プライベートでもカップルだったりします。

私が特にときめいたのは、「ルール」を決めるシーンと、空港に向かう途中の渋滞のシーンと、スパイダーマンにパトカーに糸で手を固定され思わず名前を叫ぶシーン。

気になるでしょ?w
劇場で確認してきてくださいw

トリまとめ

何回か胸にくるシーンがあり、思わず涙を流しそうになりました。
本当に切ないストーリーです。ちょっと想定外のラストだし…。

お一人様でもいいですが、カップルで観るとなお良いかも。

是非劇場へ!

こっこ(@cocco00)でした。

slooProImg_20140510075053.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

コメントを残す