自分で作る世界で一冊だけの本「マイブック」を初めて買ってみた

slooProImg_20140331073109.jpg
アイキャッチ

以前からその存在は知っていたのですが、ふと目について買ってみました。

自分だけの文庫本を綴れる「マイブック」。

読書好きにこの文庫本サイズはたまらない。

日付と曜日しか書かれていない文庫本「マイブック」

マイブックは毎年新潮社が販売している文庫本です。
使い方は自分次第。
自分の1年間を書き綴ることができる文庫本サイズのノート。

自由に使える「マイブック」

マイブック表表紙

△こちらがそのマイブック。
「自分の本」と大きく書かれた帯。

マイブック裏表紙

△手帳として、日記として、ビジネス用のメモとして、スクラップブックとして。とにかく自分の好きなように使える文庫本です。

マイブック中ページ

△中はこんな感じで、1日1ページ。
日付が書かれているだけで、あとはまっさらです。

マイブック月始め

△月始めは大きく「○月」と書かれています。

マイブックカバーそで

△カバーのそで部分。文庫本だとここに著者紹介などが書かれていますね。
そんな感じで、ここに自分の写真を貼ったりできるようになっています。

マイブック扉

△カバーを外した扉部分。
著者名のところに名前を書けるようになっています。

マイブック奥付

△同じく、最後の奥付部分も著者名を書けます。

万年筆の裏抜けチェック

マイブック万年筆で書いてみる

△万年筆ユーザーとしては気になるのは裏抜けですよね。
比較的水っぽいインク、色彩雫で書いてみました。

マイブック万年筆裏抜け具合

△うむ。思ったよりは抜けないかも?
でも文庫の紙は薄いですし、抜けというより透けが少し気になるかも。

ほぼ日よりも安価で気軽

基本的なコンセプトはほぼ日手帳に通じるものがありますね。
1日1ページで自由に使える。

ほぼ日はその名のとおり「手帳」で、スケジュールを書けるようになっていたりしますが、マイブックはどちらかというと「ノート」です。

価格的にもマイブックはほぼ日の1/5程度のお値段です。

トリまとめ

  • 使い方自由なマイブック
  • オリジナルの文庫本を作ることができる
  • 万年筆の裏抜けもあまりない
  • ほぼ日よりも安価
  • 日記用としてはもちろん、ビジネス用のメモノートとして使うことも。日付が入っただけのノートですので、アイデア次第で本当に自由に使うことができます。

    360ページ以上あって、お値段安価ですので、気軽に使うことができます。

    あ、ただし、1年間を記録する文庫本なので1月1日始まりです。私は4月1日から使うことにして、3月31日以前は雑記用に使おうかなと思ってます。

    ちなみに新潮社ではないのですが、日付を自由に書くことができるタイプのものも売っていました。

    △なぜかくまモン。

    自由度が高い文庫本ノート。
    書き綴って、本棚に並べてみてはいかがでしょうか。

    それでは。
    こっこ(@cocco00)でした。

    slooProImg_20140331073109.jpg
    ジブン手帳2018予約開始!

    JT2018

    話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

    コメントを残す