EverShakerのURLスキームとLaunch Center Proのリスト機能を組み合わせて使うと超便利

slooProImg_20140313230201.jpg
アイキャッチ

ここ数日で、Evernoteに自動保存しているもの、そしてそれらを見返すひとつの手段としてEverShakerというアプリ、そしてLaunch Center Proというランチャーアプリを紹介してきました。

それは、実はこの記事を書きたかったからに他なりません。

EverShakerとLaunch Center Proを組み合わせるとものすっごい便利ですよ。

EverShakerとLaunch Center Proで、ノートのランダム表示がますます便利に

使うアプリはこのふたつ。

EverShaker – Evernote®を再発見!
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
価格: ¥200
アプリをダウンロードする
Launch Center Pro
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
価格: ¥500
アプリをダウンロードする

上述の記事で紹介させていただいたとおり、EverShakerはEvernoteのノートをランダムで表示してくれるアプリで、Launch Center Pro(以下「LCP」)は多機能なランチャーアプリです。

EverShaker基本

△EverShakerはランダム表示させる条件を設定してシェイクすることで、条件に合うノートをランダムにピックアップしてくれます。

この条件の設定を、URLスキームを使ってLCPに任せちゃいましょう。

LCPのリスト機能で、爆速シェイク!

まずは、この記事でできるようになることを先にお伝えします。

LCPでEverShakerタップ

△ノートブックを選択する画面が表示されます。
ランダム表示したいノートブックをタップします。

EverShakerで即シェイク

△すると、EverShakerが立ち上がり「シェイクしますか?」と聞いてきます。
OKを押せば、LCPで選択したノートブックでシェイクが実施され、

ランダム表示される

△当該ノートブック内のノートがランダム表示されます。

おわかりでしょうか?
通常であれば、EverShakerを起動してノートブックを指定しシェイク、という流れですが、ノートブック選択の作業をLCP側で完了させているんです。

LCP側の設定方法

これはLCPに用意されたリスト機能と、EverShakerのURLスキームを組み合わせて実現させています。

EverShakerには

  • evershaker://shake?notebook=(ノートブック名)
  • evershaker://shake?tag=(タグ名)
  • evershaker://shake?keyword=(キーワード)
  • という3つのURLスキームが用意されています。

    これを利用します。

    LCPのURLを工夫

    △LCPの登録画面です。
    URLのところに上記のEverShakerのURLスキームを入力するのですが、ここでひと工夫。

    evershaker://shake?notebook=(ノートブック名)

    この(ノートブック名)のところを、

    [list:リスト名|ノートブックA|ノートブックB,ノートブックC|ノートブックD]

    というように記載します。

    evershaker://shake?notebook=[list:リスト名|ノートブックA|ノートブックB,ノートブックC|ノートブックD]

    こういうことですね。

    URLスキームの例示

    このまま登録して、これを起動すると

    例示URLスキームの起動

    △こうなります。

    リスト名は任意。
    ノートブックA~Dは、実際にあなたのEvernoteに存在するノートブック名を入力します。

    複数のノートブックを指定したいときはカンマで区切ります。

    LCPリスト機能のイメージ

    △list機能を使うと、リスト選択した項目によってURLスキームが書き変わるようなイメージです。

    EverShakerリスト

    △これが実際に私がLCPに登録しているEverShakerのアクション。

  • RSSなどから取得した「行きたい」お店を集めたノートブック
  • RSSなどから取得した「欲しい」ものを集めたノートブック
  • Instagramから自動で取得した「自分のポストした写真」を集めたノートブック
  • Twitterから自動で取得した「お気に入り」を集めたノートブック
  • など、見返すと楽しそうだなというものを登録しています。

    基本的にEverShakerは「スキマ時間に読んで楽しむ」ような使い方をするものかと思うので、気分で好きなノートブックを選択してランダム表示させて使っています。

    トリまとめ

    いかがでしたか?
    個人的にはEverShakerの単独起動を超えた便利さだと思っています。

    私はノートブックを条件にしていますが、タブやキーワードを条件にすることもできます。

    LCPはポテンシャルを秘めたアプリ。
    他にも考えている使い方があるので、また別途記事にさせていただきます。

    それでは。
    こっこ(@cocco00)でした。

    こちらの記事も参考にどうぞ

    slooProImg_20140313230201.jpg
    ジブン手帳2018予約開始!

    JT2018

    話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

    コメントを残す