IFTTTを活用してTwitter上の気になる情報を自動でEvernoteに整理して取りこむ

slooProImg_20140130072558.jpg
TIEアイキャッチ

Evernoteの活用についていろいろ考えています。
今年はもうちょっとEvernote活用していきたい。

ということで、今回はTwitter上の情報を整理してEvernoteに取りこむ方法をご紹介したいと思います。

Twitterで流れてきた情報はIFTTTを活用して自動でEvernoteに取りこむ

私のメインの情報源はRSSであり、そのRSSの情報を、

  • 【ブログカスタマイズ】
  • 【ブログネタ】
  • 【行きたい】
  • 【欲しい】
  • 【アプリ】
  • というタグを付けてEvernoteに取りこむ(そして、それをAutoEverでノートブックに分類する)という整理方法を以前ご紹介させていただきました。

    参考

    ただ、情報の入り口はRSSだけではなく、「Twitter見てたら気になる記事が流れてきた!」なんてことも結構あります。

    そういう情報も簡単にほぼ自動的に上述の各ノートブックに仕分けることができます。

    まずはIFTTTでレシピを作る

    IFTTT IFTTT
    価格: 無料
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    IFTTTは、「もしAがBしたら、自動的にCをDする」というレシピを作成することができる素敵なサービスです。

    このIFTTTを使い、
    「もし私がTwitterで#ネタというタグを付けて呟いたら、Evernoteで【ブログネタ】というタグを付けて、その呟きを記載したノートを作成する」というレシピを作ります。

    IFTTTトップ

    △こちらがIFTTTの起動画面。右上のボタンをタップします。

    IFTTTレシピ一覧

    △作成済みのレシピ一覧が表示されます。右上の+ボタンをタップしましょう。

    IFTTTトリガー作成

    △まずは「もしAがBしたら」という、トリガーとなるアクションを決定します。
    +ボタンをタップしましょう。

    IFTTT Twitterトリガー

    △すると様々なサービスが表示されますので、Twitterを探し、
    「New tweet by you with hashtag」という項目の横の+ボタンをタップしましょう。

    IFTTTトリガーハッシュタグ

    △ハッシュタグ入力画面に移動しますので、ここで任意のハッシュタグを付けます。
    ここでは「#ネタ」というタグを設定します。

    IFTTTアクション登録

    △これで、「Twitterで#ネタ というタグを付けて呟いたら、」というトリガーが完成しました。

    続いてアクションを作ります。
    thenの右の+ボタンをタップしましょう。

    IFTTTアクションEvernote

    △先ほど同様、様々なサービスが表示されますので、今度はEvernoteを探し、
    「Create a note」をタップします。

    IFTTTレシピ一旦完成

    △これで基本設定は完了。
    「Finish」をタップします。

    IFTTTレシピ編集

    △作成したレシピが表示されますのでタップし、「Edit」をタップします。

    IFTTTレシピ編集画面

    △レシピの詳細を編集できます。

    IFTTT書き換え

    Body→デフォルトで入っているものを削除し、「Text」のみ
    Notebook→デフォルトで入っているものを削除
    Tags→対応するタグ

    こんな感じで書き換えましょう。

    ノートブックを指定することもできるのですが、私はうまく指定したノートブックに保存されなかったのでinboxに入るように設定しています。

    これで、「Evernoteで【ブログネタ】というタグを付けて、その呟きを記載したノートを作成する」というアクション部分が完成します。

    あとは前回ご紹介したSylfeedでの仕分け方法と同じフローに乗る

    「もし私がTwitterで#ネタというタグを付けて呟いたら、Evernoteで【ブログネタ】というタグを付けて、その呟きを記載したノートを作成する」というレシピが完成しました。

    あとは気になるツイートが流れてきたら、#ネタというタグをつけてメンションすればOK!

    △とりあえず試してみました。#ネタを付けてツイート。

    Evernoteに入ってる

    △EvernoteのInboxにちゃんと飛んできましたね。

    Evernoteタグもついてる

    △タグもちゃんと【ブログネタ】で入っています。

    あとはAutoEverでタグを条件にノートブックを移動させるという、前回ご紹介したSylfeedのフローに乗ります。

    トリまとめ

    特定のタグがついたツイートをIFTTTを使うことでEvernoteに自動保存。あとは前回の記事でご紹介したとおり、AutoEverが自動で整理をしてくれ、整理されたノートブックをランチャーアプリから見る。

    RSSからの情報も、Twitterの情報も、全部Evernoteの任意のノートブックに集められますね。

    前回の記事と併せて是非試してみてください♪

    それでは。
    こっこ(@cocco00)でした。

    使ったアプリ

    IFTTT IFTTT
    価格: 無料
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    Evernote Evernote
    価格: 無料
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    AutoEver - Evernoteでのルーチンワークがシンプルに AutoEver – Evernoteでのルーチンワークがシンプルに
    価格: ¥300
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    slooProImg_20140130072558.jpg
    ジブン手帳2018予約開始!

    JT2018

    話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

    コメントを残す