『Clippy』コピー履歴をストックできる、これはモブログ必携な神アプリの予感!

wpid-20130912115650.jpg

どうも!
モブログ大好きこっこ(@cocco00)です!

今日はiPhoneでブログを書いている方にオススメしたいアプリのご紹介。

モブログが捗る!Clippyでコピー履歴を保存しよう!

ご紹介するのはhappyChappyさん(@happyChappy1115)が開発したアプリ、Clippyです。

Clippy Clippy
価格: ¥85
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
アプリの詳細を見る


Clippyで何ができるか。

簡単にお伝えすると、

  • クリップボードを監視する
  • 必要なコピー履歴に名前をつけてストックできる
  • ストックしたコピー履歴をワンタップで再コピーできる(複数選択も可能)
  • ストックしたコピー履歴をURLスキームで他アプリに送れる
  • こんなアプリです。
    うまくイメージわきませんか?

    では、モブログ局面でこのアプリを活用してみましょう。

    まずはコピー履歴をストック

    △こちらが起動画面。シンプルですね。

    起動をするとバックグラウンドでクリップボード監視が始まります。
    この状態でコピーをすると履歴がClippyに溜まっていきます。

    △AppHTMLでいくつかアプリのタグをコピーしてみました。

    △Clippyに戻ると、先ほどの起動画面にコピーしたものが溜まっています。
    右のボタンをタップしましょう。

    △編集画面に移動します。
    コピーしたアイテムひとつひとつに名前をつけることができます。

    △それぞれの名前をアプリ名称にしました。
    続いてこれらのアイテムをフォルダに保存します。

    △Editボタンを押し、フォルダ移動したいアイテムを選択します。
    選択したらMoveボタンを押します。

    △個別に移動するときはセルを左スワイプするだけでもOK。

    △フォルダ選択画面に移ります。
    Clipboardフォルダ(inboxフォルダ扱い)しかありませんので、新しくフォルダを作りましょう。
    NewFolderNameと書かれたところに新設するフォルダ名を入力します。

    「アプリ」というフォルダを作りました。作ると同時に、先ほど選択していたアイテムがClipboardフォルダから移動しています。

    こんな感じで、ストックしておきたいアイテムをどんどん登録します。

    これで準備は完了。
    では、実際にモブログしてみましょー!

    Clippyからさくさくコピペ

    では、実際にブログ執筆!
    エディタはもちろんThumbEditです。

    ThumbEdit - 親指テキストエディタ ThumbEdit – 親指テキストエディタ
    価格: ¥250
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    △準備として、ThumbEditのURLスキームからClippyを開けるようにしておきました。

    Clippyを開くURLは

    clippy:

    でOK。
    設定画面でセットしておけば使えます。

    △ThumbEditで記事を書き始めます。
    Clippyからアプリのリンクタグを再コピーしましょう。

    △「ThumbEdit」ボタン長押しでURLスキームを発動させ、Clippyを開きます。

    △Clippyが起動します。
    「Clipboard」フォルダが開いていますので、「Clipboard」の文字をタップします。

    △するとフォルダ一覧画面に遷移しますので、先ほど作った「アプリ」のフォルダをタップします。
    「アプリ」フォルダの中身が表示されます。

    △記事に貼り付けたいアイテムをタップするとコピーされます。

    △複数貼り付けたい場合はEditボタンをタップし、貼り付けたいアイテムを選択して、Copyボタンをタップします。

    △あとはThumbEditに戻ってペーストするだけ!

    △プレビュー画面、じゃーん!

    こんな感じで簡単によく使うタグや文字列などをコピペできちゃいます。

  • アプリのリンクタグ
  • よく紹介する人のTwitterアカウントリンク
  • よく紹介するブログやブログ記事のリンクタグ
  • 各種テンプレート
  • こういったものを登録しておくと便秘ですね!
    (アプリリンクについては価格改定などの注意は必要です)

    URLスキームを使うとますます便利

    今回は登録したアイテムを再コピーする方法をご紹介しましたが、ClippyはURLスキームを使ってコピーしたアイテムを他アプリに送ることもできるんです。

    次回はこのURLスキームを使った他アプリ連携について記事にしたいと思っています。

    まとめ

    あまり軽々しく「神アプリ」という言葉を使いたくないなと思っているのですが、Clippyにはその冠が似合うかもしれません。

    私もまだ使い始めたばかりなので、弄りながら理解を深めたいなと思っています!

    Clippyの詳細や便利な使い方はhappyChappyさんのブログに掲載されていますので、是非チェックしてみてください。

    それでは!
    こっこ(@cocco00)でした!

    Clippy Clippy
    価格: ¥85
    カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
    App Storeで詳細を見る
    アプリの詳細を見る


    wpid-20130912115650.jpg
    ジブン手帳2017販売中!

    ロフトネットストア

    話題のジブン手帳2017の販売がスタートしています。お買い漏れのないように!今年からジブン手帳グッズの販売もスタートしましたよ。

    コメントを残す