文房具カフェ:ワクワクとくつろぎを提供してくれる表参道のおしゃれカフェ

wpid-20130527100931.jpg

どうも。
ブンブロガーのこっこ(@cocco00)です。
ブンボウグブロガーってことですよ。
あ、いけてない?

ワクワクとくつろぎを提供してくれる稀有空間 文房具カフェ

みなさん、文房具カフェってご存知ですか?

表参道にあるとても素敵なお店です。

文房具カフェ

関連ランキング:カフェ | 表参道駅

今日はワクワクとくつろぎを同時に提供してくれる稀有なカフェ、文房具カフェのご紹介です。

外観、そして店内へ

表参道、マイセンを左手にみながら少し進むとセブンイレブンが見えてきます。

セブンイレブンの隣がワクワク空間への入口です。

店内へは階段をおりていきます。
階段の横にも文房具がぎっしり。
膨らむ期待を抑えながら店内へ。

センスの良い文房具が並ぶ店内

文房具カフェの名前のとおり、たくさんの文房具が並んでいます。

文房具のジャンルも様々。
マルマンの『ニーモシネ』シリーズが陳列していたり、ジャポニカ学習帳があったり、マスキングテープもあれば、鉛筆や消しゴムなども。

カフェを利用せずに文房具だけを見たり買ったりしてもOKです。

一番奥の席に通してくれました

幸運にも一番奥の席に案内されました。

おかげで端から写真を撮ることができました。

せっかくなのでスイーツセットを注文

甘党男子なもんで。。

紅茶エスプレッソで作ったババロアとカフェラテのセットをいただきました。
うまうま。

文房具カフェの珈琲はとても美味しい。
カフェチェーンのエスプレッソよりもずっと美味しいです。

秘密の鍵が童心をくすぐる!

テーブル席にはちょっとした秘密があります。

テーブルに鍵穴がついているのです。

実はこの文房具カフェ。
700円でオフィシャル会員になることができるのです。

会員の説明はこちら。

会員になるとこのテーブルの鍵をもらえます!
わくわく!

ちらっ。
多くを語るのは野暮なので、ここでは中身の写真は控えます。

が、何も説明しないのもそれはそれで野暮なので、少しご紹介w

会員同士がノートで繋がる

ひきだしの中身は日々変化するのですが、過去数回来店して確認した限り、必ずあったのがノート。

今回私が座った席のノートは、「前の人が出したお題の絵を書き、次の人にお題を出す」というノート。

そう、このノートを通じて、自分の前にその席についた会員さんと繋がることができるのです。

私の前の会員さんは「金正日」という難題を見事にこなしていました。
絵心あるって羨ましい。

そして、次のお題は。。

ナマケ…モノ…!?
私の似顔絵を書けばいいのでしょうか?(違)
まぁ金正日よりは描けるかな。。

10分後。

これが私の精一杯です。。
すいません。
とりあえず雰囲気だけです。

次の方へのお題も悩みました。
たまたま近くの席に関西方面から旅行できてるとおぼしき女の子たちがいたので、「東京観光」というキーワードから、「東京タワー」というお題にしました。
比較的簡単めのお題でしょうか。
Twitterアカウントを書き残してきましたので、次の人とTwitterで繋がったりしたら楽しいなぁ。

会員だけの裏メニュー

これもなんとも童心をくすぐる仕掛けです。

裏メニュー!
わくわく!

会員さんだけしか注文することができないメニューがひきだしに入っているのです。

この裏メニューも時折入れ替わっています。
オープン当初は「卵かけ御飯」とかあったなぁ。

今のメニューは。。秘密です。
これを紹介するわけにはいかないので、是非ご自身でお確かめください!

文房具店、カフェ、いずれもハイクオリティ!

カフェのおまけに文房具が置いてあるのではありません。
文房具のおまけにカフェがあるのではありません。

文房具カフェは文房具のセレクトショップとしても一流、カフェとしても一流。
童心をくすぐる仕掛けにワクワクさせられ、それでいて空間としてはとても落ち着く、なんとも稀有な空間なのです。

東京近郊にお住まいの方はもちろん、東京観光にくる際の立ち寄りスポットしても、是非利用してみてくださいね♪

(本記事は旧ブログからの転載記事です)

wpid-20130527100931.jpg
ジブン手帳2018予約開始!

JT2018

話題のジブン手帳2018の予約販売がスタートしています!特にBizのminiは人気が予想されます。お買い漏れのないように!

2 件のコメント

    • あゆたんさん
      ありがとうございます!貴女にそう言っていただけると嬉しいです。文房具カフェいこーぜ!

  • コメントを残す